【魚介ラーメン】「つけ麺屋 ひまわり」


はまる!魚介ラーメン

つけ麺屋 ひまわり

 

学生時代によく訪れた高田馬場には、ラーメン店が軒を連ねる。

ラーメン銀座といわれるほど、石を投げればラーメン屋にあたるほどなのだ。

若いころには大盛や、麺の替え玉追加などぺろりと頂いたものだから、今になるとちょっと足が遠のいていた。

駅前すぐに入口のある栄通りに、ふらっとはいると、懐かしいお店はなくなっていたが、店舗前に、「上質魚だし」「大胆豚鶏」「一杯入魂」などの太い筆書きの元気なメニューを見つけた。比較的新しい店舗で凝った内装である。

魚介だしかぁ、これならさっぱりと食べられそうだ、と入店してみる。

店内は若いスタッフが元気よく挨拶して、若さがみなぎっている。

お客さんも、若い人が多いので、大丈夫か?と思いつつ、食券機の前でしばし悩み、並みの「和風とんこつラーメン」760円とチャーシュー追加150円で。

つけ麺店ではあるが、あえて温かいスープのチャーシューラーメンを注文した。

なぜチャーシューかというと、チャーシューのうまい店は、だしもうまいと信じているからである。

テーブルには、魚節の粉とみじん切りの玉ねぎが置いてある。

 

<豚骨、鶏がらを煮込んだ動物系出汁に、瀬戸内産の鯖節やウルメ、煮干し、宗田節、メジカ鰹、真折昆布という道南の昆布の魚介系出汁>

 

と、予備知識を仕入れ、ワクワクしながら待つ。

ど~~~ん!と運ばれてきた器からは、魚介だしのいい香りがする。

それにしても、思ったよりチャーシューが手の込んだ感。

スープは予備知識のとんこつ&鶏ガラの臭みは全く感じず、海鮮の香ばしい味わいで、濃厚でいて、さっぱりとしている。

粉の魚節と刻み玉ねぎをふんだんに投入。

ラーメンに玉ねぎ?と首をかしげつつ、これが柔らかいチャーシューにベストマッチ。

麺は、太麺でしこしこしていてつるつる喉越し、もっちりした太目の縮れが濃厚スープとピッタリ。

思った通り、チャーシューのうまい店はスープも麺もうまい!

 

無題2

 

わたしには珍しく、器の底が見れ、美味しく完食。

大盛や、替え玉無料など、さすが学生街だけあって、リーズナブル。

細かくカスタマイズできるのも嬉しい。

苦手だった、とんこつでも、魚介だしのアクセントでこんなにも、さっぱりといただけるものかと驚き、大満足。

高田馬場ラーメン激戦区で10年営業しているという、勝ち組ラーメン店。

次はつけ麺に挑戦したいと久しぶりに、若かりし頃の懐かしい気持ちで神田川を歩いた。

 
お店情報
つけ麺屋 ひまわり
東京都新宿区高田馬場3-4-16 MKビル 1F
03-3371-8666 (お問い合わせ専用番号)
 
営業時間[月~金]
ランチ 11:00~15:00
ディナー 17:30~23:00
[土] ランチのみ [日] 休み
[祝日] 通常営業