犬も脱水するのはご存知ですか?


 70d71ecfce7ff5ffac383c763e1e050a_s

犬も脱水するのはご存知ですか?

ワンちゃんも人と同じ、無理をすると脱水になってしまいます。

住宅事情もあり、最近では大型犬も室内飼いというお宅も多く見受けられます。

お部屋で飼う室内犬にとって、朝夕の散歩は最高のストレス解消です。

 

しかし、真夏の昼間の散歩は飼い主さんにとってもかなりの負担になり、帰宅するとワンちゃん共々ぐったりなんてことになりかねません。

地面に近い位置を歩くワンちゃんは地熱の温度をもろに受けてしまいます。

アスファルトの照り返し輻射熱が直接あたり、地面の温度は50~60度、人の何倍も暑い思いをしているのです。

マンホールなど、火傷をする危険さえあるのです。

 

493b0030d52ed929fdcba7d1d30764b0_s

 

ワンちゃんは口を開けて温度調節を行いますが、散歩の際にはたっぷりの飲み水を準備し、時には体や足に水をかけてあげましょう。

お散歩時間はまだ地面が熱くならない日の出頃が理想です、なかなか難しい場合は夜遅い時間の方が負担は少ないでしょう。

 

 

脱水症かも?

犬種によって個体差はありますが適度な運動は必要です、息切れが激しくなったり、元気がないなどの時は無理をせず早め切り上げます。

無理な運動ではなく、気分転換と排泄だけの目的でも十分です。

ばてているなと感じたら、人と同じように太い血管のある喉、脇の下、足の付け根などに水をかけたりして冷やし体温を下げてあげます。

ワンちゃんが発汗する場所は肉球や鼻先しかないために発汗で体温調節ができません、口ではあはあ呼吸をして体温調節をしますが、給水が十分できなかったり、排泄を我慢しているなど、人よりも熱中症にかかりやすいのです。

また、お買い物など、駐車場の車内に残されているワンちゃんを見かけます。

真夏の車内の高温事故は子供だけではありません、無理に連れて行かないなど配慮しましょう。

 

d52805a2c5f9f032aa7598c6d3605b3f_s 

 

激しい症状が出たとき

嘔吐や下痢でぐったりしていたら、感染症や、急性腎不全、急性胃炎などを併発することがあります。

 

犬の脱水症状の判断基準は?

  • 散歩から戻ると、急に元気がなく無気力になった。
  • 目の焦点が合っていない、くぼんだ目。
  • 名前を呼んでも、反応が鈍い。

これらの症状が出たら次を確認してください。

1、犬の首元の皮膚をつまんですぐに離します、戻りが悪いと弾力がなくなり脱水しています。

2、歯茎の様子を見ます、指で押さえ離したときに血流が戻らない、ピンクにならない場合も危険です。

3、人と同じく、体液が不足している時は、唾液に粘り気があります。

 

下痢や嘔吐など激しい症状が出た場合には、下痢の間は水や食事をあげないなど、絶食させます。

毛布でくるんだり、体を温めてあげてください。

症状が落ちつきましたら、水分は少しずつなめる程度にあげます。

改善が見られない場合は、かかりつけの獣医さんのもとへ相談して受診しましょう。

お話ができないワンちゃんにとって、飼い主さんの観察眼が大切です。

 

 

この記事の執筆者

シェルティー

シェルティー

これまでに書いた記事