脱水かも?症状を知ることで初期予防


脱水かも?症状を知ることで初期予防

 

早くも熱中症で病院搬送などのニュースを耳にします。

真夏の暑い時期に、急にふらついたりめまいがしたり、少し休むと落ち着くけれど?

しかし、ほおっておくと重篤な症状になったり命の危険さえあります。

特に小さなお子さんやご高齢者の屋内での脱水は気づきにくく、周りの人の観察も大切です。

いつもと体調が違う?もしや脱水の初期症状?と気づくために初期症状を早めに察知して脱水や熱中症を予防しましょう。

海水浴やスポーツ・レジャーの際にも心得ておきましょう。

 

 脱水症には高張性、等張性、低張性の原因の違った症状があります。

A 大量に汗をかいた後に体内水分が低下する状態。

B 体液が少なくなり電解質と水分の不足によるもの。

C 電解質が不足し体液が薄い状態で、さらに電解質濃度が薄いお茶や水でもっと薄めてしまうこと。

つまり、大量に汗をかくと体内の水分が少なくなり、体液も薄くなり、電解質(ナトリウム)が不足し、慌てて水を飲んでもナトリウムは補てんされず症状が悪化します。

 

8e88cb1960c14c8429e0408cd6344587_s

 

まず、起こる症状は倦怠感

夏風邪や夏バテの初期症状と似ていますが、風邪の症状もなかった、急激に倦怠感を感じたなどは脱水の可能性があります。

 

次に顔が赤くなりほてる、浮腫

脱水症が始まると、体温調節機能が低下するのでほてりや浮腫みを感じます。

時には筋肉が痙攣し、足がつったりします。

 

次に口や喉の乾き

口内や喉が渇いて、唇が白っぽくなります。

 

あれ?変だな?と思うこれらの初期症状、ここで気づき、水よりも電解質を摂取すればほどなく回復しますが、気づかず忙しさなどに時間が過ぎてしまうとどんどん悪化します。

 

吐き気・頭痛

吐き気があったり、戻してしまうと一気に体液が失われます。

発熱、頭痛の症状、めまいやふらつき、立っていられないなどの症状が出ましたら、横になり楽な姿勢を取ります。

意識障害も現れますので、周りの方の協力も必要です。

 

意識障害や痙攣

意識がなくなると痙攣が始まり白目をむく、泡を吐くなどの症状は危険です。

 

救急車を呼ぶ目安

意識障害があれば危険ですので、救急車を呼びます。

意識障害を決定するのに迷ったときは#7119へ電話。対処法など指示をしてくれます。

慌てず、的確に伝わるように名前や住所などの確認を普段から心がけ、また自分が意識を失ったときのために自分に関する情報など名刺入れなどに入れておくとよいでしょう。

fe52c13bb91b121775002f4bf776236f_s

 

症状が長引く場合には糖尿病・胃腸炎・腎不全など他の病気も疑われるので必ず病院を受診しましょう。

 

 

普段から適度な量の経口補水液を摂取する

脱水症状は水分不足と、電解質(ナトリウム)不足が原因です、お水と梅干しや、スポーツドリンク、塩分チャージの飴など、こまめに摂ることです。

 

たとえ室内にいても、エアコン内で汗をかいていなくても、水分は体からどんどん蒸発します。トイレにいきたくないから水分を控えたりも危険です。

人間の身体の6割は水分、1%でも水分量が失われると喉の渇きを感じます。

3%減っただけで倦怠感や食欲不振になるといいます。

体重が70キロの人の場合一日2リットルの補水が必要となります。

適度に、細かく水分塩分補給をしてください。

 

(血圧・腎臓・糖尿の病気がある方は、必ず医師と相談の上補水してください。)

71ecde0ec7a93935dc7b0b86824872e8_s