眉のお手入れ イケメンミドルになる


 

年齢とともに、自分磨き諦めてしまっていませんか。

洋服を選ぶセンスも、身体の管理やお肌の手入れ、若い頃にはしっかりやっていたのに、いつの間にかそんな習慣も忘れてしまった。

奥様方も、旦那様を簡単な少しのお手入れで、素敵なおじ様にしちゃいしましょう。

28313b5066ea7c85d37f1bfdde335eb3_s 

 

お風呂での蒸しタオルで充分に毛穴を開き、石けんで洗顔します。

化粧水やクリームでお顔の保湿をすることで、小じわも目立たなくなり皮膚に艶が出てきます。

どれを選べばいいか化粧品のコーナーで迷う方にお勧めなのが、シェービングローション、髭剃り後だけに留まらず、洗顔後のお顔全体にパッティングします。

特に乾燥が気になる目じりや口の周りなどには、ハンドクリームやワセリンで充分です。

薄く伸ばしてつけますが、それでもべたつくように感じるならば、手を水で少しぬらして手のひらで伸ばしてつけると良いでしょう。

目や口元のたるみや、おでこのしわなど気になるところにマッサージするようになじませます。

 

50270b755a496a9bd0a2c2426d643874_s 

次に眉毛です。

お手入れをさぼっていると、ぐんぐん伸びてきて目じりの印象がだらしなくなってきます。

失敗しない眉カットの方法は形を変えるのではなく、余分な所を落とします。

まぶたの上のばらばらと生えている部分をかみそりで剃ります。

怖いなぁと思われるならば、毛抜きで一本ずつ抜いてみます。

密集している部分は、一本抜いても穴が開いたりしますので、様子を見ながら。

これだけでもかなりすっきりして、眉尻下にハイライト効果で彫りの深い引き締まった印象に変わります。

次に伸びすぎている、眉頭から眉尻までの長さを揃えます。

眉尻は眉の下から角度をつけて梳かすようにすると、余分に長い部分だけが浮き上がります。

反対に眉頭は眉の上から角度をつけて梳かすように櫛を入れると切りすぎません。

これだけでも形を変えずに、整えるだけで目元の印象がきりっとします。

大掛かりに形を変えるのではなく、眉山や眉頭などはいじらずに、長さと周りの産毛だけ整えます。

 

ビフォー

 

                     何本かまだらに伸びている眉毛が影を作り暗い印象になってしまいます。

 眉カット

     コームに角度を付けて浮かした状態で長すぎる眉毛をカットします。

 アフター

     眉の下の余分な毛も剃刀で。ハイライトが効いて明るく堀の深い印象になりました。

 

この時のモデルさんの感想

>鏡を見てびっくりしました。怖くて手が付けれなかったのですが、眉毛一つで印象が変わり気持ちがアップしました。

 

 

次に髪型ですが、お好みもあると思いますが、思い切って変えてみる。

バーバーショップや美容室で提案してみましょう。

大きく変化させず、イメージチェンジするにはざっくりと「少し変化が欲しいけれど」と相談してみてください。

たとえばもみ上げの長さだけでも、顔の形をコントロールできるので、違った印象になります。

分け目を変えてみる、スタイリング剤を変えてみるなど、アドバイスしてくれます。

白髪交じりの髪も、染めるのは面倒だし、かぶれの心配も年齢とともに増えてきますから、酸性カラーなどでほんのりと色をのせるとよいでしょう。

白髪をグレーにするだけでも艶もでて張りのある髪になってきます。

仕事への影響がなければ、緑や青をのせても綺麗ですね。

 

 

勿論、お髭や、鼻毛などのお手入れもお忘れなく。

こうした行為が自分を高める意識改革に繋がって、気持ちの切り替えになりますね。

是非トライしてみてください。