【ペット】ごはんタイムを愛犬しつけタイムに


わが家の「愛犬しつけ法」!

ごはんの時間はしつけタイムに

 

つい甘やかしがちな、愛犬のしつけ。一度、犬から下に見られてしまうと、関係を修復するのはなかなか難しいです。犬は、誰の言うことを聞くとメリットがあるのか、きちんとわかってます。威嚇して噛みついたり、唸ったり、逆に甘えてみたりと飼い主を思うように操ります。

わが家の2歳になる愛犬の場合、子犬の頃に甘やかしたせいでしつけに大変苦労しました。そこで、ごはんの時間をしつけタイムにし、関係修復にチャレンジしました。まず、人間の食事の前には、犬のごはんをあげないようにしました。人間の食事が終わるまで待たせることで、主従関係を作るのです。そして、必ずクレートに入って「待て」をしてから、犬にごはんを与えるようにしました。この習慣ができるだけで、「人間が先、犬が後」と明確になります。

愛犬との絆を深めて、素敵なパートナーとして暮らしたいですね。

 

わが家の愛犬しつけ法_画像-1