【筆跡】スパッとした文字は切れ者?


筆跡心理学・・・

「刃物運型」とは

 

時折、自分が書かないような個性的な文字に出会うことはありませんか?

頻度は少なくとも、印象に残ったりするものです。

筆跡心理学の中に、「刃物運型」といわれる筆跡特徴があります。

例えば「木」という字なら、最後の4画目で、本来は交わらない2画目の縦線をスパッと切ってしまう書き方です。たまたま、そう書いた場合は違いますが、常にこの書き方をする場合は、「刃物運型」とみなされます。刃物でスパッと切ったような書き方の人は、一体どんな傾向の人なのでしょうか。

それはまさに、「切れ者」の筆跡です。曖昧なこと、グレーなことが苦手で、白か黒か一刀両断。その大胆さに少々恐れられているかもしれません。また。ハサミや刃物を頻繁にうまく使いこなす職業の人が、こういった文字になっているケースもあります。

 

スパッとした文字は切れ者