熱帯夜対策 保冷剤利用で安眠


今年の夏も暑くなりそうですね。

ここ何年かの夏の寝苦しさ、エアコンをかけても、ウトウトしたころ大汗かいて起きてしまう。

かといって、エアコンで冷やし過ぎると、のども痛くなるし、朝起きるとだるだる。

夜中でも脱水していますから、汗をかくとなお危険です。

何度も起きて、睡眠を妨げられるし、夏バテのもとですね。

 

寝る前に、体を冷やす、特に体温を下げるために、首筋などを冷やすのが効果的です。

市販されている保冷剤やアイスノンなど、大きさで、冷やしている時間も調節できるので、小さななものから、枕のような大きなものをそろえておくと、便利です。

薄い、さらしや、ガーゼを使って、結露と冷えすぎを防ぎます。

小さい保冷材は、ハンカチなどにくるんで、わきの下に挟むだけでもだいぶ涼しくなりますね。

ガーゼなどでくるむときに、ミントやラベンダーも香りを一滴たらすだけで、アロマテラピー効果で、すっきり睡眠に誘ってくれます。

お弁当の保冷剤としても大活躍な小さな保冷剤、色々なサイズが100円均一にも売られています。

80e3f6ad94741630e71ef09f316bbd9e_m

 

 

カチカチになっている保冷材は、少しお水やお湯に入れて溶かすと柔らかくなるので、丁度よい固さにしてください。

手が熱くてジンジンして眠れないときも、小さい保冷剤を握って寝ます。

 最近は、冷感シーツなども売られていますし、併用するといいですね。

 体感的には、冷やした後は、じっくりと体が温まるので、汗をかき始めるまでに時間がかかります。新陳代謝もよくなりますね。

普段の出勤やお出かけにも小さなものならかさばらず便利、少し水に浸しておくだけでもまた冷たく感じます。

エアコンに頼りきらずに、手首や襟足、腕の関節内側、脇などの要所に少しの間あてるだけでも、だいぶ涼しく感じます。

睡眠の妨げは夏バテの元、快適な眠りのためにお勧めです。

 

IMG_0317