日本橋クルーズ  ランチタイムに隅田川、日本橋川、亀島川を巡る


IMG_5778

日本橋を歩いていたら、橋の下に何か受付をしている人がいました。「うん?」と思って近くに行きました。「日本橋クルーズ、13:00出発」と書いてあります。見れば、河岸に船が泊まっています。チラシを受けとり、詳細を確認しました。

「日本橋・隅田川めぐり45分コース、大人1500円」とあります。時計を見たら、12:00を過ぎたあたり。結論を出す前に、まずは短時間ランチのできる店を探しました。食事をしながら検討して、やはり乗ってみようと思い、定刻の10分くらい前に受付・乗船入口に向かいました。私がラストに乗り込む客でした。屋根は無いオープンな客席ですので、毛布が用意されています。船長らしき方は、やりすぎ感ある立派な服装でした。

 IMG_5806

日本橋は諸街道の始点とされ、橋の中心には、「日本国道路元標」が埋め込まれています。その意味では日本の中心と言えるかもしれません。しかしながら、先の東京オリンピック開催に合わせた、首都高速整備のために、日本橋川の上に高速道路ができてしまいました。そのために、川の風景も大きく変わってしまいました。

日本橋から出発、首都高速が覆っていて狭くて岸壁の圧迫感もある日本橋川を下り、大きな川幅の隅田川に合流します。「こんなに隅田川って太いのかぁ」と感じるくらいの解放感があります。そこから、少々上流に向かうと「スカイツリー」が望めます。途中でUターンして、隅田川を下ります。周りに船が通ると横波を感じます。

 IMG_5790

どんどん下り、佃島を横に見て、勝鬨橋の手前まで行きました。まだまだ行きたいところですが、本日は45分コースなので、帰路につきます。反転して少し上ったところで、隅田川を左に折れて亀島川に入ります。川から街を見上げる風景は、日ごろ見ているビルの裏側をなぞる感じで新鮮です。江戸の歴史を感じるこのあたりは、川を中心とした水運で発展したのだなと感じました。亀島川から日本橋川に入り、終点の日本橋に戻ります。

45分の間、川や橋とまわりの風景に関して、歴史も含めての解説をしてくれました。考えてみれば、このあたりの交差点などの地名、地下鉄の駅名は、ほとんどが川に架かる橋の名前なのだな、と再認識しました。

神田川クルーズ(90分)のコースもあるそうなので、次回はひとりでなく、家族と乗ってみるかと思っています。

 

東京湾クルーズ

TEL. 03-5679-7311

*今回のクルーズは、上記の会社でしたが、他の会社も同じ船着き場でクルーズ営業しています。