カンカン帽をデコる


100円均一で150円で売っていた、カンカン帽。

孫が、ゆかたを着るときに欲しいといっていたので、オリジナルを作ってみました。

帽子はそれでも、しっかりした作りになっていました。

お気に入りのリボンを探してドレスアップに挑戦です。

 

糊でついているだけのリボンをはずして、木工用のセメダインを回りに塗ります。

太めのレースをフリルにして、ギャザーを寄せながらマチ針で止めながら貼り付けます。

乾いたら、リボンが回る部分に木工用セメダインをつけリボンテープをぐるりとつけます。

強めに引っ張り、ゆっくり、たゆまないようにマチ針で止めながら、巻いてゆきます。

後ろで交差させて、マチ針で止め、乾燥させます。

同じリボンでリボンの形を作り、作ったリボンを、帽子の後ろに直接縫い付け、補強のために、木工用セメダインで止めます。

作業時間30分と簡単にできました。

帽子の裏側に、髪留めも縫い付けて、飛ばないようにしました。

孫は大喜びで、「これなら普段着にも合いそう~」と浴衣を着て花火大会に出かけてゆきました。

おそろいの籠バックも作ってみようかしら。

段々と、裁縫が苦手になってきたので(目が)、ボンドなどを使って簡単に出来るデコレーションのご紹介でした。

この記事の執筆者

ちろる

これまでに書いた記事