水道管の凍結防止と凍結した場合の対処


IMG_1324

外気に触れる場所にある配管は凍結する可能性が高い

今年1月の大寒波では、首都圏でも水道管の凍結や凍結による破裂があちこちで聞かれました。

配水管や蛇口が外気に触れるような場合は、凍結の危険があります。

今回の寒波では、マンションの給湯器の配管が凍結した例もありました。

配水管と給湯器をつなぐ部分が少し露出していましたが、そこが凍ってしまったとのことでした。下記写真の赤丸部分です。

最近の給湯器は、自動で凍結防止のヒーティングをするようになっているのですが、このわずかな部分が凍ってしまったようです。

修正

 

凍結予防・・・保温剤 

まず、外気に露出している配水管や蛇口を保温処置しましょう。

図1

ホームセンターやネット通販では、配水管用の保温チューブや保温テープを販売しています。これらを使って極力直接外気に触れる部分をなくします。

 

凍結予防・・・蛇口を開いてちょろちょろ流す

それでも凍るときは凍ります。とくにトイレや台所などから水が出なくなったら大変です。

心配な時は、蛇口を少しだけ(楊枝ぐらいの細さ)開いて水を流す方法が簡単です。

ただし水がもったいないので、バスタブの栓を開いておくという手もあります。

混合栓であれば給湯側と給水側をそれぞれ開いておくといいでしょう。

 

しかし戸建てや古い建築の場合は、庭用の蛇口や屋外の洗濯用蛇口、増設した配水管などがあるため、やはりしっかりした保温剤による対策をした方がよいうでしょう。

 

凍結してしまった場合

配水管の外気露出部分や戸外の蛇口が凍結してしまった場合は、雑巾やタオルを巻いて熱湯をそそぐという方法があります。

直接熱湯をかけるより、雑巾やタオルなどの上からかけた方がまんべんなく温めることができます。

またホッカイロがあったら、これをテープなどで巻き付けるというのもいいでしょう。

蛇口が凍っている場合は無理に開かないようにしましょう、

蛇口はケレップというゴムの円盤がついているコマで開閉するのですが、これが凍り付いている場合無理やり開いたりするとゴム部分を痛めます。

 

まだ寒い日が続きます。一度家の周りの配水管をチェックしてみましょう。