【デング熱】対策 !


「デング熱」対策 !

手作り虫よけスプレー

 

1、蚊にご注意を

昨年、都内の公園で発生したデング熱。今年も蚊の発生する時期になり、気にしている方も多いはずです。デング熱は、人から人へ感染するのではなく、血を吸ったヒトスジシマカを媒介して感染します。デング熱の症状は、3日から7日程度の高熱、頭痛、目の痛み、関節等の症状です。重症化することは、まれですが、デング熱の可能性があれば、早めに医療機関に受診することが大切です。また、蚊は、場所や地域性、気候によりますが、5月から10月にかけて、日中の繁みなどで活動します。これからの時期、外出する際は、要注意です。

【対策ポイント1】 水たまりを作らない
ベランダやお庭などの屋外に、植木鉢の受け皿、空き缶やビン、ペットボトル、放置された子供のおもちゃなど、置いてありませんか。蚊の幼虫の発生源は、小さな水たまりです。まずは、家のまわりに水たまりがないか確認し、日頃から水たまりを作らないようにしましょう。また、蚊の生息する場所の草刈りも忘れずに。

【対策ポイント2】 肌の露出を避ける
外出時には、肌の露出を控えると良いです。長そで、長スボンなど肌を覆うような服装で、体を守りましょう。素足でのサンダル履きは避けた方が良いです。

【対策ポイント3】蚊に刺されないようにする
虫よけスプレーなどを使用するとより効果的です。

image1

2、可愛いお孫さんがいる方、必見!市販の虫よけスプレーの安全性とは・・・

「6ヵ月未満の乳児には使用しないこと」
 「6ヵ月以上2才未満は、1日1回」
 「2才以上12才未満は、1日1~3回」

上記の文章、読んだことはありますか。これは、一般的な虫よけスプレーの注意書のほんの一部です。

デング熱を気にして、虫よけスプレーを頻繁に使用している方はいませんか。実は、子供に対して使用回数が決まっているのです。一般的な虫よけスプレーには、「ディート」と呼ばれる化学物質が含まれている場合があります。虫よけスプレーを使用する際には、必ず注意書を確認することが大切です。

「ディート」とは・・・
アメリカ軍が研究し、兵士がマラリヤに感染しないようにするために開発された害虫駆除用の薬剤です。「ディート」は、毒性など賛否両論のある成分です。日本では厚生労働省が平成17年8月15日に開催した「ディート(忌避剤)に関する検討会」において注意喚起しており、ディートを含む商品には、必ず「使用上の注意」として記載されています。

3、天然成分で安全、虫よけスプレーの作り方

植物が出す香りには、虫が嫌いなものがあります。そのおかげで、虫は植物に近寄ることができません。この植物の香りを利用して、虫よけスプレーを手作りする方法をご紹介します。

【使うもの】 精油、無水エタノール、精製水、スプレーボトル、ビーカー
ビーカーがあると便利ですが無い場合は、計量カップやスプーンを使えばOKです。

【作り方】
①スプレー容器に無水エタノール5mlを入れます。
②精油を3滴から5滴、加えます。
③最後に精製水45mlを加えて、よく混ぜます。

【使い方】 肌から10cmから15cm離して吹きつけます。網戸や玄関に、スプレーしても良いです。

【保存】 暗くて涼しいところで保存。1週間から2週間で使い切ってください。

手作り虫よけスプレーは、精油を数本使い、ブレンドすることも可能です。
香りを楽しみ、自分だけのオリジナル虫よけスプレーを作ってみるのはいかがでしょうか。

【ご注意】
1、子供に使う場合は、材料の精油の分量を半分以下にして下さい。
2、3歳未満の子供の場合、肌には直接スプレーしないで下さい。
3、大人でも肌が敏感な場合は、少量をスプレーして試すか、皮膚科に相談して使用して下さい。
4、顔には使用しないで下さい。

image2

精油
精油は、花や葉、果皮など100%の植物から抽出された香りの濃い液体です。
新鮮な香りを楽しめるだけでなく、蚊よけになる精油を使うと、自然な方法で蚊を遠ざけることができます。

虫よけに効果のある精油
①レモングラス
力強いレモンの香り。香りに含まれるシトラールという成分に虫よけ効果が確認されています。

②シトロネラ
爽やかで少し甘いレモンの香り。防虫効果や、消臭効果があり、古くから蚊よけに使われていました。

③レモンユーカリ
シャープなレモンの香り。米国疾病予防管理センターから蚊の忌避剤として認可されています。

【アウトドア、山登りなど、屋外で過ごす時には・・・】
リストバンドやハンカチなど、虫よけになる精油を1、2滴含ませて歩くのがオススメです。
【ベビーカーにも・・・】
肌に直接スプレーできない赤ちゃんや小さな子供の虫よけとして、ベビーカーに精油を落とした布を結びつけておきましょう。

image3

精製水(不純物を取り除いた水)
無水エタノール(精油を水と混ざりやすくするために使う度数の高いアルコール)

薬局で購入できます。

image4

100キンで購入したスプレーボトル。軽い力で、スプレーできる上、インテリアにもちょうどいいです。

image5

小さいスプレーボトルは、携帯に便利です。