カンタン楽チンお掃除方法!


年を取るにつれて、お掃除は大変になってきます。

食事後の後片付けやお洗濯など、日常どうしても必要なことはありますから、せめて部屋の掃除はカンタンに済ませたいものです。

そこで、コツをいくつかお教えしたいと思います。

souji2 

 

1.下部の掃除を楽にする!

フローリングのお宅では、お掃除ワイパーを使うことが多いと思います。

これを使ったお掃除をカンタンにするコツは、「床にモノを置かない」ことと「家具は下にスペースがしっかりあるか、全くないかのどちらかにする」ことです。

床には絶対にほこりが溜まります!モノが置いてあるとよけながら掃除しなければなりませんから、床には「何もない」ことを心がけましょう。

家具は必要なものですから仕方ありませんが、下に半端なスペースを作らないことがポイントです。スペースがなければほこりは入り込めません。

スペースがある場合は、ワイパーが入る余裕を作ります。ワイパーは長いので、隙間が狭いと奥まで届かせるのにとても大変です。

これから購入する場合は、ぜひ下部にワイパーが入る余裕がたっぷりあるかをチェックしましょう。

ためしに、いま床掃除にどのくらい時間がかかるか計ってみてください。

床掃除だけなら、8畳間一部屋に2分かからないはずです。

時間がかかっていたら、自分にどこか無駄な動きがある、つまり、部屋のどこかに掃除の障害物があると考えられます。

 

 

39653ac3795c5ea4bbcf9f10036efb74_t

2.ほこりが積もらないようにする!

 

ひんぱんに使うものにはほこりは積もりません。ですから、良く使うモノだけなら出しておいても問題ありません。

むしろ、使うものは出しておかないと、ほこりではなくストレスが溜まります!お洒落なケースに入れておけば見た目もキレイで楽しくなりますね。

インテリアとして飾りたいモノは、できればケースに入れておいた方が掃除は楽になります。

外気に触れる面積をなるべく減らすことが、掃除の効率化の重要ポイントです。でこぼこしたモノよりも四角いモノの方が掃除が楽ということですね。

ハンドワイパーでさっとひと拭きできるかがチェックポイントです。

また、マンションの方はクローゼット内に造り付けの戸棚があることが多いと思います。

これも同じことで、一番下の床に接する段には何も置かないようにします。

さきほど述べたように、床掃除を楽にすることが楽チン掃除のポイントですから、棚下の床は空けておくことで、拭き掃除の手間を大幅にカットしましょう。

空いているとどうしてもモノを置きたくなりますが、造り付け戸棚の下は死角ですので、ほこりがついてしまうだけですから、汚れと防止いう点からもおすすめしません。

足元はいつもすっきり清潔に、が一番です!

 

 

souji1

3.モノを減らす!

モノを減らすことは、掃除を格段に楽にしてくれます!

当たり前のことですが、分かってはいても、なかなかできない方が多いです。

まずは、使っているモノと使っていないモノに分けます。使わないモノは、使わないモノ専用の場所にしまいます。

基本的に使うモノだけが部屋にあるようにします。

使わないモノは重かったりかさばったりするモノであることが多いので、こういったモノがあるだけで部屋の掃除が大変になるからです。

モノを分類し部屋に置くモノを減らした上で、この写真のように、毎日よく使うものは出しておきます。

そして、棚の下にはスペースをたっぷり取って、拭き掃除を楽にします。

シニアのお掃除は、まとめて大掃除ではなく、普段からちょこっとお掃除がポイントです。

このほうが掃除の負担は身体的にもはるかに軽いです。日ごろの意識が大事といえます。

毎日楽々お掃除をして、趣味にお出かけにゆっくり時間を使いたいものですね。

 

この記事の執筆者

あきもん

美味しいものを食べる幸せが人生には不可欠だと思っている。特技は、どこでも寝られること。毎日日の出前に起きる、超早起き人間。

これまでに書いた記事