亀の子束子の聖地


元祖 亀の子束子(タワシ)

 

IMG_6755

 

東京北区滝野川のとある道を歩いていましたら、ちょっとクラシックな西洋風な建物が目につきました。なんだろうと近づいてみると、「亀の子束子西尾商店」の看板。亀の子束子って、あの「亀の子束子」?中をのぞくと、ショップのようなので入ってみました。よく知っている定番のたわしや関連するキッチングッズが並んでいます。日本中が知っている亀の子束子の本店であり東京工場がここにあったのですね。

 

IMG_6759

 

初代社長西尾正左衛門さんのアイデアから生まれた亀の子束子を販売した、「亀の子束子西尾商店」は、明治40年に東京本郷真砂町(現:文京区)で誕生したそうです。その後、関東大震災の影響を免れた滝野川工場へと本社を移転して以来、現在の北区・滝野川にて操業とのこと。創業以来伝統の形状と製法を100年以上守り続ける「亀の子束子1号」は、2013年グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞したそうです。

台所道具を洗う時に、スポンジでは難しいことってありますよね。ザル、おろし金とかは、たわしが便利。食材を洗う(こする)にも便利です。洗剤に頼らずにエコです。

 

束子のメッカに興味のある方、近代建築に興味のある方、立ち寄ってみてはいかがですか。

 

株式会社亀の子束子西尾商店

 

 

 

IMG_6752