手軽に作れる炭酸入浴剤 


お風呂でパワーチャージ、シュワシュワが楽しい簡単手作り入浴剤

疲れが溜まると、「温泉に行きたい」とふっと思うことはありませんか。でも、わざわざ遠出して温泉に行くのは大変です。そのようなとき、自宅で温泉気分を味わう方法があります。ここでは、「湯船につかると、身体にどんなはたらきがあるのか」をご説明しながら、私が実践している入浴剤の作り方を詳しくご紹介します。

4faff4336626dd4df344884ec92b75d2_s

 

 

1、お風呂でおこる、嬉しい3つのはたらき

湯船につかるだけで、心も身体も喜ぶ、うれしい3つの働きがあります。

①温める

湯船につかると、身体がポカポカと温まります。そして、血のめぐりが良くなり、疲れが取れたり、肩コリが楽になったり、痛みがやわらぎます。

②水の圧力がかかる

身体に水圧がかかると、手足にたまった血が心臓へ戻り、血の流れがスムーズになります。

③浮く

プールで身体が浮く感覚のように、身体が浮くと全身の緊張がほぐれ、足腰の負担も少なくなります。

 

5e1dcf9d5f16c8268f4dbef343fff03c-630x473

 

2、温度や量で変化するお風呂の秘密

あなたは、どんなお風呂が好きですか。お風呂と一言でいっても、「熱いお湯」、「ぬるま湯」、「首までしっかりつかる全身浴」、「みずおちくらいの半身浴」など、いろいろあります。実は、このお湯の温度や量によって、お風呂の意味が変わってきます。

①熱いお湯

熱いお湯に入ると、心臓がドキドキしませんか。42度以上の熱いお湯は、身体の動きを活発にする交感神経が優位になり、戦闘モードになります。朝の目覚めや仕事前にピッタリの入浴法です。しかし、身体が目覚め過ぎるため、寝る前はオススメできません。

②ぬるま湯

ぬるま湯に入ると、ウトウトと気持ちの良い気分になりませんか。37度から40度位のぬるま湯は、身体をリラックスさせる副交感神経が優位になり、心も満たされ穏やかな気分になります。また、刺激の少ないぬるま湯は、身体の負担も少なくて済みます。

③全身浴

全身浴は、前回説明した3つのはたらきを最大限に活かすことできます。ただし、心臓に負担がかかるため、高血圧や心臓の特病がある方は、注意が必要です。

④半身浴

半身浴は、全身浴と比べると身体への負担が少なく、優しい入浴法です。また、下半身へ水圧がかかるので、立ち仕事で足がヘトヘトという方にはオススメです。

 

6bcd19bf934b6f2911b6745b2929a9c9_s

 

3、湯船につかることができない場合は、手浴or足浴でOK

風邪を引いたときや忙しいときには、手浴や足浴で大丈夫です。手足には、ツボがたくさんあり、温めることでツボを刺激して、全身をリフレッシュできます。手足の冷え予防にも、チャレンジして下さい。

・足浴とは・・・

足首がつかる深さの桶を用意し、37~40度程度お湯を注ぎます。10分間位足を入れて、お湯が冷めたら、温かいお湯を注ぎます。短時間で全身を温めたいときにオススメです。

・手浴とは・・・

洗面器に37~40度程度のお湯を注ぎます。手首から下をお湯に10分間位つけます。こちらも、お湯が冷めたら、温かいお湯を注ぎます。手先を使う細かい作業をする方に、オススメです。

 

4、【初心者向け】超簡単、シュワシュワが楽しい手作り入浴剤

ここからは、さらにお風呂を楽しくするための入浴剤の作り方をご紹介します。市販のものを購入するより、経済的です。また、手作りする作業時間そのものが、自分への癒しになります。

・用意するもの【1回分の目安量】

重曹:大さじ2、クエン酸:大さじ1、容器(ジャムの空き瓶、タッパー、ビニール袋でも可)

・作り方  

重曹2:クエン酸1の割合で、容器に入れて、「シャカシャカ」とふり、混ぜるだけで出来上がりです。

写真のボトルのように、あらかじめ分量の目安を書いておくと、計りがなくてもすぐに作れて便利です。

お風呂でパワーチャージ、シュワシュワが楽しい簡単手作り入浴剤_2

これは、材料を混ざるだけでシュワシュワと発砲する入浴剤ができます。実は、この「シュワシュワ」、炭酸ガスです。炭酸ガスは、血の流れをスムーズにします。また、この入浴剤のすぐれているところは、お掃除にも役立つことです。重曹とクエン酸が、湯船の水垢予防をしてくれます。バスタイムを楽しみつつ、お掃除も楽になる、一石二鳥です。

さて、入浴剤を作る時間さえないという方にオススメなのが「重曹風呂」です。湯船に大さじ1の重曹を入れるだけで超簡単です。重曹は、お湯をやわらかくして、気持ちの良いバスタイムが過ごせます。また、重曹の細かい結晶が古い角質を取るのに役立ち、肌を清潔に保ちます。

 

5、【上級者向け】プチギフトにも最適、可愛いバスボム作り

お風呂でパワーチャージ、シュワシュワが楽しい簡単手作り入浴剤_3

・用意するもの【1個分の目安量】

重曹:大さじ2、クエン酸:大さじ1、コンスターチor片栗粉:大さじ1、

水(スプレーボトルか霧吹きに入れて使います):少々、

形を作るために使う「ラップ」(プリンのカップやシリコン型や製氷器などでも可)、

混ぜるために使う「スプーン」や「割り箸」があると便利です。

・作り方

①重曹、クエン酸、コンスターチor片栗粉をよく混ぜます。

②水を霧吹きやスプレーボトルに入れ、それを少しずつスプレーしながら①の材料によく混ぜます。

ココが注意!水を入れ過ぎると、シュワシュワと発砲してしまうので、水は少しずつ入れて下さい。

③少し湿った状態になったら、ラップを使い手で丸めます。

④1日乾燥させると出来上がりです。天気の良い、晴れた日だと数時間で固まります。

お好みで、精油を加えて香りを楽しんだり、天然塩を加えたり、オリジナル入浴剤が作れます。また、食紅を入れて色付けすると、華やかになります。プチギフトにも最適です。

 

*注意! 使用する材料について、アレルギーのある方は使用しないで下さい

お風呂は、ちょっと汗が出るくらいがベストです。自分の状況に合わせて、お風呂の温度や量、入浴剤を使い分けて、お風呂でパワーチャージしてはいかがでしょうか。