気分リセット おすすめアロマオイル


かおりスイッチで心をONに、家庭で役立つ万能アロマオイル

 

1、かおりスイッチとは

子供の頃、遊び終わって家に帰ると、夕飯の「ごはんの炊けるかおり」や「いつものカレーのかおり」に、ほっと安心感を覚えた経験はありませんか。まさに、この反応が「かおりスイッチ」です。「いつでも温かく安心できる場所」と「親しみあるかおり」がつながり、そのかおりを嗅ぐだけで気持ちが安らぐ心の状態です。

では、なぜこのような現状が起こるのでしょうか。

それは、かおりが伝わるしくみに関係があります。かおりを嗅ぐと、においの物質が鼻から脳の大脳辺縁系という部分に直接的に伝わります。この大脳辺縁系は、感情、強く急激に変化する喜怒哀楽、記憶など人間の本能をコントロールしている特殊な場所です。つまり、かおりが感情や本能をつかさどる脳の部位に強い刺激を与え、結果として心を元気にしたり、興奮させたり、心と身体に働きかけているのです。

 

667b91b883e2c59f8736cb6baa3d831a_t

2、アロマオイルでかおりスイッチON

ゆっくり休みたいとき、アクティブに動きたいとき、集中力を高めたいとき、好きなアロマオイルを使い、かおりスイッチをONにして気持ちの切り替えに使います。具体的な方法は、好きなアロマオイルを少しハンカチに落として持ち歩いたり、アロマオイルをお風呂に入れたりするだけです。数滴のアロマオイルでも、かおりは脳にダイレクトに伝わります。

そもそもアロマオイルとは、植物の葉、花、果実から抽出される100%天然のオイルのことです。たとえば、ラベンダーは、花や葉を水蒸気で熱して、かおりの素取り出し、冷やして液体してアロマオイルにします。レモンなどの柑橘類は、皮の部分を強く押ししぼり出しアロマオイルを集めます。最近では、アロマオイルを販売する専門店も増えてきました。その中には、アロマオイルのサンプルを置くお店もあります。お店に立ち寄って、好きなかおりが探してみましょう。

 

3、家庭で役立つ、3本の万能アロマオイル

いざ、アロマオイルを購入しようとしても、種類がたくさんあり、どのアロマオイルがよいか迷う方も多いはずです。初心者の方でも、気軽に楽しめる代表的なアロマオイルを3本ご紹介します。

 8c02bcf4c870d026d377f460fbb5fc28_t

①真正ラベンダー

穏やかで優しいフローラルなかおりです。神経や免疫へ働きかけ、リラックス効果抜群です。鎮静作用や抗菌作用があるため、女性特有のケア、頭痛、メンタルケア、風邪予防などなど活用度大のアロマオイルです。消臭効果にも優れており、容器に重曹とアロマオイルを数滴混ぜて玄関やトイレに置くと嫌なにおいを予防できます。使用頻度№1、家庭に1本あるだけで、安心できるアロマオイルです。

 

b690741451bf55555097336113d1f4e9_t

②オレンジスィート

心を満たしてくれるような親しみのある甘いフレッシュなかおりです。鎮静作用、食欲増進作用、整腸作用があり、胃腸のケアにも効果的です。他のアロマオイルと比較すると、低価格で手に取りやすく初心者にオススメです。

eb50a2b6e046de5e528ed30b77a78264_t

③ペパーミント

清涼感のあるスッキリしたかおりです。冷却作用があり、夏場には汗を抑えます。また、刺激のあるスースーしたかおりが、鼻づまり、花粉症、乗り物酔いなどに作用し、集中力アップにも使えます。虫よけ効果もあるので、無水エタノールとアロマオイルをよくかき混ぜ、それに水を加えてスプレーボトルに入れると簡単に虫よけスプレーができます。

 

4、場面別、かおりスイッチの利用法

①集中力アップかおりスイッチ

勉強や仕事など、集中力をアップさせたいときは、洗面器に冷水か温水とタオルを用意します。洗面器にペパーミントのアロマオイルを2滴落とし良く混ぜ、短冊状に折ったタオルを浸し、かたくしぼります。首の後ろに当てます。頭痛や肩コリにも効果的です。

②勇気を出すかおりスイッチ

元気になりたいとき、気分を明るくしたいとき、身体が重くだるいときに、マグカップにオレンジのアロマオイルを1から3滴落として、立ちのぼるかおりを楽しみます。ラベンダーのアロマオイルを1滴加え、ブレンドすると少し落ち着いたかおりになります。

③心身を癒すかおりスイッチ

ぐっすり眠りたい、ストレスを感じている、緊張しているときは、ティッシュにラベンダーのアロマオイルを1から2滴落として、枕の下に置いて眠ります。

 

5、まとめ

「ココゾ!」というとき、かおりスイッチを使い、心をONにすると、日常生活が楽しくなります。また、アロマオイルは、使用上の注意を守れば、家庭でも使える便利グッズです。生活に取り入れは、いかがでしょうか。