【台湾旅行】十分は九分の次でない


台湾の「九分」は有名ですよね。階段状の古めかしい街並みで、観光地として人気があります。「千と千尋の神隠し」のモデルになったとか言われています。もっとも、その映画のモデルになったと言われる場所は、日本国内にも数か所ありますが。今回は超人気で日本人観光客も多い九分ではなく、ちょっとローカルな「十分」に行ってきました。駅とその付近の線路脇が、そのまま街並みになっていて、願い事を書いた灯籠を打ち揚げられる場所です。

十分は九分の隣りの駅なのかな、と思っていたら、近いわけでなく、乗る電車も別路線です。台北駅から電車を乗り継いで、「各駅停車の旅」を楽しむことにしました。時刻表を見て、効率よく乗り継いで、往復できる時刻を調べ、乗車用のプリペイドカードを購入して必要額をチャージしました。台湾の悠遊カード(EASY CARD)は、電車にも地下鉄にも乗れて、割引にもなるので必ず利用すべきです。

 

 IMG_8767

 

急行に乗っても10分くらいしか違わないので、料金の安い各停に台北駅(台北車站)で乗りました。所要時間は乗り継ぎ待ち時間を含めても1時間程度です。幸い座れたので、ゆったりと車窓を眺めました。通学中の学生も多かったですが、ちょっとローカルな電車旅が若者に流行っているらしく、旅行者らしいグループもたくさんいました。

 

 IMG_8809

 

さて、途中駅での乗り換えです。路線をまちがえたら大変。どのプラットホームに行くべきか、表示を何度も確認しました。プラットホームのことを台湾では「月台」と表記するようです。3番線は、「3月台」です。なんだかカワイイ感じです。

 

 IMG_8837

 

十分駅(十分車站)に近づきました。線路にいる人々が両サイドに避けます。街のど真ん中に電車がゆっくりですが突っ込んでいく感じです。電車を降りて、線路の両側に続く街の小さな店をまわり、食事をしたり、デザートを食べたりして楽しみました。灯籠に願い事「無病息災」を墨と筆で書いて灯籠を空中に放しました。