迎春 睦月 七草粥


71396b9f2e7885efd34ab7015e3d7f49_t

あけましておめでとうございます。

旧年中はたくさんの応援をいただき感謝でございます。

本年もよろしくご愛好のほどお願いいたします。

 

一年の始まりの月「睦月」は仲睦まじく家族の集うとき、という意味があり一年の始まりをお祝いするお正月。

元旦は祝日となっており一年の無病息災、家内安全などを願い初詣、二日には書初めや初夢、4日の御用始めと、何をするにも今年初。

先人たちの知恵、古くから伝承される日本の行事、各家庭や地方によっても様々ですが、一年の計は元旦にありと言いますように、無事に過ごしたいものです。

 

 

0a367f0f1e3477eba05cb577148bdb10_t

 

「七草粥」

古い時代の中国、一月の8日まで、毎日今年の行方を占っていました。

1日には鶏、2日犬、3日羊、4日猪、5日牛、6日馬、7日人、8日穀。

晴天であれば吉、雨ならば凶の兆しと言われてきました。

7日の人の日、人日という節句に七種菜羹(ななしゅさいのかん)という汁物を、邪気を払う為に1年の無病息災を祈って食べたそうです。

平安時代、宮中の儀式で七草粥をいただいていましたが、江戸時代には幕府の公式な行事となっていきました。

 

若菜摘みとして春の旬菜を使った七草粥。

 

セリ 競り勝つという縁起担ぎもあり、解熱効果や血圧降下作用があります。

 

スズシロ 大根のことで穢れのない白という意味を持ちます、ジアスターゼなど風邪予防の効果があります。

 

ホトケノザ コオニタビラコという植物、田圃のあぜ道に咲いていました。食欲増進に効果があるといわれています。

 

ナズナ  別名ぺんぺん草、アブラナ科、バチの形をした実の部分を少し剥いで回すと音がしますね、浮腫みや止血作用があり昔から利用されていました。

 

ゴギョウ ハハコグサともいい、咳や痰に効果があります。

 

ハコベラ ハコベと言われるもの、腹痛薬として使われたりしました。

 

スズナ カブのこと、神を呼ぶための鈴、として形も鈴のようです。整腸効果があります。

 

 

5aeb7f576c65de892154c5ea40ee4b7d_t

 

スーパーにもセットで売られていますが、気候などによって地方によって入れる具材は色々です。

ありあわせのものでもよし、大豆製品の豆腐や油揚げなども一種と数えたり、寒い地方では根菜のゴボウなども入れているようです。

一月は新年会など年末に続いてお酒を飲む機会も増えそうです、そんな時には胃を休めて7日に限らずおかゆと優しいお野菜でいたわってあげてくださいね。