ff459759ab08bfc18a110ad78f1e0e9d_s

    神無月 (かんなづき)神が無い月、これは、各地の神様が出雲大社、大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)に参る月。神の子供たちは各地管理のために派遣され、その一年の農作物や各地の出来事...

    1f22b648b1f3d2f5a950bb8b10a03c95_s

    長月(ながつき)暑さ寒さも彼岸までといいますね、秋彼岸の入りは9月20日23日が秋分の日、つまり秋と分ける日という意味です。彼岸明けは26日。長いと書くのは夜長月(よながつき)との...

    420e9d77ca1a39cc885b6ea5ffad3c32_s

    葉月(はづき)木々が紅葉し落ち始めることからきた言葉で旧暦の8月をそう呼んでいたため、現在の新暦8月の由来となった説があります。葉落ち月、穂張り月、月見月、雁が飛来する初来月、台風...

    ed43edbb7a325f9331cdb3f22624807a_s

    水無月(みなづき)梅雨一番雨の降る季節なのに、「無」これは「の」という意味でつまり「水の月」。田植えが終わり水を張ることから水張月(みづはりづき)ともいわれます。4月の田植苗月(た...

    • カテゴリー:
    4bd7a0d76ae9276b37ca6519139b0867_m

    卯とは、卯の花が咲くことからの名、卯の花月ともいわれます。また干支で4番目にあたる卯(うさぎ)からきているともいわれています。一斉に花々が咲き誇り、一雨ごとに暖かくなって、木々も草...

    90daa01e3a858b19b32b380cc0f8c82c_s

    いよいよ草木が生まれるという意味の「弥生」桃の節句、ひな祭は春の訪れを祝い、川の水で邪気を払う上巳(じょうし)の日に人形を川に流し厄を払うことから「流し雛」の風習になったといわれて...

    2b6bfff4bd3dce90b9bcee94bfbd1273_s

    寒さも本格的、乾燥注意報が毎日出ています。火事の原因NO1はたばこだそうです。喫煙者が減っているにもかかわらず、トップに!個々で注意しなければいけませんね。他に放火も第二位です。家...