IMGP0082-補正のコピー

だんだん夜が長くなる。午後の陽が寂しげになる。暦の上では中秋だけど、実質秋もすぐそこに来ている.寝覚月とは、夜が長くなったので、夜中に一回目が覚めてしまうかららしいが、一年中トイレ...

  • カテゴリー:
IMGP0087

考えたら子供の頃にクーラーなんてものはなかった。 扇風機だって、もしかしたら贅沢品だったかもしれない。 ランニングと半ズボンで、虫網持って、駆け回ってたっけ。汗なんぞ拭きゃしない。...

  • カテゴリー:
ec961181eece42008781f73c1d7cea5d_t

文月とは、文被月(ふみひろげづき)から来ており、短冊に願い事や短歌を書いて笹に飾る風習を示すという説がある。女郎花の女郎とは遊女の意味ではなく、女性(若い)が本来の語義であり、エシ...

ed43edbb7a325f9331cdb3f22624807a_s

水無月(みなづき)梅雨一番雨の降る季節なのに、「無」これは「の」という意味でつまり「水の月」。田植えが終わり水を張ることから水張月(みづはりづき)ともいわれます。4月の田植苗月(た...

  • カテゴリー:
皐月

正しくは「目には青葉 山郭公 初松魚」で、江戸時代の俳人、山口素堂の詠んだ句である。木々を見上げると、いつの間にか青葉が繁っている。若葉がすがすがしい。しかし庭の選定剪定を自前でや...

K20D0406修正

四月になれば何かが変わるといいながら結局十月まで待ち続けたのは太田裕美(七つの願いごと)だが、新年度であることには間違いない。明治時代に農家の納税を基準として4月になったという説も...

  • カテゴリー:
IMGP0016

三月は「木草弥や生ひ月」つまり草木が生い茂る月ということで弥生というらしい。春の芽吹きは人や動物もソワソワさせて、いろいろと狂わせていくらしい。川のある土地に彼女と出かけて、狂った...

  • カテゴリー:
梅

寒さもまだまだの二月、梅の花が咲き始めました。如月は、いろいろな由来があるようですが、まだまだ寒いので衣を更に着る月であるから「衣更着(きさらぎ)」というものがあります。旧暦の二月...

  • カテゴリー:
71396b9f2e7885efd34ab7015e3d7f49_t

あけましておめでとうございます。旧年中はたくさんの応援をいただき感謝でございます。本年もよろしくご愛好のほどお願いいたします。一年の始まりの月「睦月」は仲睦まじく家族の集うとき、と...