【冬のお風呂】シャワーで浴室を温めてから


冬のお風呂はシャワーで浴室を温めてから

 

アメリカで20年暮らした友人から教わった、冬の入浴で風邪をひかない方法があります。お風呂に入る前に、23分シャワーの温水を出しっ放しにして温めておくという方法です。湯気が充満した浴室は、床も温かくて快適。足先からふくらはぎへと、ゆっくりシャワーをかけて全身浴びると、心臓への負担も少なくなって健康にも安心です。

アメリカ帰りの友人は、生粋の日本人ですが、アメリカのシャワーの使い方を知って感心したそうです。たしかに映画などでも、「シャワーを出しておいて」という台詞を聞きますね。アメリカは医療費が高いこともあって、とても注意するとか。

シャワーを出しっ放しにするのは戸惑う方も多いと思いますが、風邪や血管障害、心臓への負担などを考えれば経済的なムダがないように思っています。もちろん、湯気が充満する浴室は美容にも最適ですよ。

 

冬のお風呂はシャワーで浴室を温めてから_画像