【服の収納】ニットをハンガーにかける時のアイデア


ニットの折りジワ、襟口の伸び予防

 

一年中大活躍してくれるニット。でも、たたむと折りジワがついてしまったり、ハンガーにかけるとすべり落ちたり、肩にハンガーのクセがついたりと、収納に悩んでいる方も多いと思います。

アパレル会社に勤務していた友人から教わったワザが、とっても便利なのでご紹介します。

ハンガーの肩先がすべる場合は、伸縮性のある包帯を巻き付けるか、ハンドタオルをぐるぐる巻き付けて輪ゴムで留めます。これで滑り止めは完了。

そして長袖のニットをかける際、両袖を反対側の肩にかけるのです。袖の重さで肩にハンガーのクセが付くことがなくなり、襟口や袖が伸びてしまうこともなくなります。ニットだけでなくジャージー素材などのお洋服にも応用してみてください。

 

ニットをハンガーにかけるコツ_画像