「着物」を普段使いで楽しみたい!


 

みなさんは着物を着ることはありますか?着付がわからない、道具がそろってない、着ていく場所がないなど、さまざまな理由で着なくなってしまった着物が、桐のタンスに眠っていませんか?確かに着物は面倒です。洋服より着ていく場所を選びます。普段着として着ていても注目を集めてしまいます。それでも、着物って楽しい。そして奥が深い。年齢を重ねるほどに似合っていく着物でおしゃれを楽しみましょう。

 

【着物の格】

着物は洋服と違い形は同じです。そのため、素材や紋の有無、袖の長さ、色などで着物の格が決められます。成人式の振袖や黒留袖などは正装にあたります。訪問着や付け下げも、公式の場に出る礼装着として考えてよいでしょう。友人の結婚式、子どもの入学式や卒業式、フォーマルなパーティーなど、公の場所が適しています。美容院で着付けをお願いして着せてもらったこともあるかと思います。

かたや普段のおしゃれ用の着物といえば、紬や小紋、素材は木綿、ウールなどが挙げられます。紬の着物は大島紬など高価なものもありますが、着物の格は『おしゃれ着』になるので、晴れの席には適しません。紬や小紋の着物はお芝居や音楽鑑賞、相撲観戦など、ちょっとしたお出かけに似合う着物です。素材は木綿やウール、最近では家で洗えるポリエステルのものなどがあり、普段着として気兼ねなく着られます。

 

IMG_1261

 

左:正絹の訪問着(背中心に紋あり)、右:紬の着物に名古屋帯

 

【普段着の着物~着付けの手順~】

木綿やウールなどの普段着の着物は、着付け教室に通わなくても入門本やインターネットの動画サイトを参考に気軽に着られます。

着付けは普通の着物と同じで、足袋→和装下着→裾よけ→肌襦袢→長襦袢→着物の順番で着付けていきます。おはしょりを整えて伊達締めを結ぶと着物の着付けは完了です。細かい手順やきれいに着られるコツは、回数を重ねるとつかめてきます。絹の着物はツルツルすべりますが、普段着の着物はウールや綿の生地なので初心者でも扱いやすいのが特徴です。

帯は名古屋帯でお太鼓を作ってもよいですし、半幅帯でアレンジ結びにしてもこなれた感じが出て素敵です。最近の半幅帯はリバーシブルの柄になっているものが多いので、結び目から裏が出てもおしゃれに見えます。浴衣でも使える帯です。

 

【普段着の着物~おすすめのお店~】

ウールや木綿の着物はリサイクルの着物店で安く手に入ります。価格も1000円くらいからあるので、自分の体形にあった着物に出会えると嬉しさが倍増します。百貨店のリサイクル市やチェーン展開しているリサイクル店もありますが、私のおすすめは、着物に精通した店主がきちんと見立てをしてくれるリサイクル着物店です。年齢や着ていく場所、予算に合わせて、着物や帯だけでなく半襟や帯締め、帯揚げ、足袋などの小物の合わせも相談できます。着物は合わせをおしゃれに楽しむ衣服ですが、正しい合わせなのか自信が持てないことも多いので、着物の知識を教えてもらいながらお得に買い物ができて、より充実すると思います。

 

<おすすめショップ>
きものりさいくる工房 五箇谷(ごかや) 
立川駅南口より徒歩2分
 

 

【普段着の着物~ウールの着物の簡単アレンジ例~】

どんなに着物が好きでも、真夏の着物は暑いし手入れも大変です。初心者は秋・冬・春が袖を通しやすいシーズンかと思います。なかでもお正月など冬の集まりに普段着っぽく着物を着ると華やかになります。

そこで、寒い冬に着る着物の簡単アレンジを紹介します。

冬の着物の悩みといえば、袖口や身八つ口が開いていて寒いことです。ですので、寒さ対策とおしゃれを兼ねて、着物の下にハイネックのセーターを着ることをおすすめします。足袋→和装下着→スパッツ→ヒートテック等の保温キャミソール→裾除け→ハイネックセーター→着物の順番に着付けをします。長襦袢は着なくても大丈夫ですが、着る場合はハイネックセーターの後に長襦袢→着物の順番で着ると襟まわりがきれいに収まります。足まわりも寒いので薄手のスパッツなどを履き、足袋は靴下タイプの柄足袋をカジュアルに合わせても素敵です。履物はブーツでも良いし、下駄やウレタン草履など履きやすいもので良いでしょう。ウールの着物は近所のスーパーに行く服装と同じ感覚で着るものです。あまり形式にとらわれずライフスタイルに合わせた着方をおすすめします。

 

IMG_1267

 

着物を着ると気分がガラリと変わります。着物は高価だからとあきらめている方も、年齢や生活に合った着物を選び、自分流にアレンジして着物を楽しみましょう。