プチリメイク 紅茶染め


 

image001

 

古くなった白いマフラーや、シミの気になる白いハンカチ。

生成りのような色合いに簡単に染められる紅茶染め。

捨てようかなと思う前に、プチリメイク。

縮んでしまうようなものは不向きですが、後悔のないものを使いましょう。

 

大きめの鍋に、かぶるくらいのお水を沸かします。

1リットルのお湯に対して紅茶の茶葉は大さじ3杯ほど、お茶パックに詰め煮立てます。

濃い色のお湯になります。

 

image003image005

 

しっかり色が出たら、布を浸します、弱火にして10分くらい煮込みます。

火を止めて、色止め効果の大さじ1の塩をふりかけ1時間ほどおきます。

 

水でよくすすぎます。

 

あとは日陰で干します。

 

image007

 

着るものなどは洗濯時に少しずつ色落ちしますが、漂白剤をかけない限りは元には戻らないでしょう。

 

紅茶の色は薄いブラウンからクリーム色、赤っぽくするにはハーブティのハイビスカスなどを一緒に煮込んで。

たまねぎの皮を一緒に煮だすと、黄色身が強くなります。

繊維によっても色の出方に差が出ますが、ムラなく染上げるには、火を止めてからも時々かき混ぜると良いでしょう。

 

ちょっと着古した白いタンクトップなども、においも消えてまた着れますよ。