【金刀比羅宮】パワースポットこんぴらさん参詣


一度は訪れたい「こんぴらさん」

海上交通の守り神

 

 

一度は訪れたいパワースポット「こんぴらさん」参詣_画像1

 

歌にもなった「こんぴらさん」

 

一生に一度は参拝すべきと言われる「こんぴらさん」。

歌でもうたわれ、どんなところか知らなくても耳に聞いたことはあるという人も多いのではないでしょうか。

実際、私も昨年の四国旅行の最終日に訪れるまでは何県にあるかさえ知りませんでした。

 

「こんぴらさん」は、正式名称を「金刀比羅宮(ことひらぐう)」と言い、古事記や万葉集にも登場する、由緒正しい神社。香川県琴平町の象頭山中腹に鎮座し、江戸時代は金比羅山へ参詣することが流行しました。あの有名な歌は当時の様子を表しているそうです。

 

「こんぴらさん」はその歴史はもちろん、境内まで続く石段の長さでも有名です。その数なんと1368段。山の中腹に建てられている為、結構な急こう配で登るのも降りるのも時間がかかります。

 

長い石段を登って

 

私達が訪れた日は、朝からずっと雨で石段も濡れて滑りそうでしたが、なんとか頑張って登ってみました。石段の両脇にはお店が連なり、つい寄り道してしまいそうになります。昔ながらのお土産屋さんの他、おしゃれなカフェや雑貨屋さんがあったので、若い人達もたくさん参拝に来るのでしょうね。登りはじめたのが夕方近くだったので、お店の中を覗きたいのを我慢して、一気に境内を目指しました。しばらく進むと鳥居が見えて、ようやくたどり着いたかと思ったのですが、ここは本宮。785段目にあり、ここから更に583段登って、ようやく奥社にたどり着くのだそうです。

 

一度は訪れたいパワースポット「こんぴらさん」参詣_画像2

 

参拝時間終了の17時まであまり時間が無かったことから、登るのはここまでとし、本宮にお参りすることに。

さすがに本殿だけあって厳かな雰囲気です。同じ境内にはおみくじも売られていて、可愛らしい犬の置物の背中から引けるようになっています。せっかく来たのだからと引いてみたら吉でした。帰りは別の道を通って下まで降りましたが、ちょうど駐車場に着いた頃、ずっと降っていた雨が少し止んだので、もしかしたらおみくじのご利益があったのかもしれません。

 

一度は訪れたいパワースポット「こんぴらさん」参詣_画像3

 

一生に一度とは言わず、また機会があったら参拝し、今度は奥社まで登りたいと思います。