【絶景】天橋立 京丹後の旅


海の京都へ

春の京丹後巡り

 

海の京都へ~春の京丹後巡り~画像1

 

絶景、天橋立

 

3月、夫と京都の友人夫妻と4人で京丹後に行ってきました。

 

正直、京丹後は詳しくなく、天橋立があるぐらいの知識しかありませんでした。

とりあえず、京都で友人たちと合流してレンタカーで京丹後方面へ向かいました。

 

最初は日本三景として有名な天橋立へ。

生憎、お天気が悪く、着いたころにはポツポツ雨が降ってきましたが、散策口付近のお土産屋さん通りにはたくさんの観光客がいます。

 

舞鶴が近いからか、それとも何かのイベントだったのか、海軍自衛隊の制服を着た方達が結構な数で歩いていました。

 

雨がひどくならないうちに天橋立の中を散策しようと友人達と歩きましたが、中洲部分はずっと対岸側まで繋がっているのですね。

時間がないので途中から引き返しましたが、最初からわかっていたら自転車を借りて対岸まで行きたかったのに、残念でした。

 

中洲の散策から戻った後はすぐ目の前にある知恩寺へお参りに。

知恩寺は日本三文殊のひとつで切戸の名で知られる文殊菩薩の霊場です。

智恵を授かる文殊として有名で、全国から受験や資格試験の合格祈願にお参りに来ています。

境内の松の木に扇子型のおみくじがたくさん結ばれていたのが、可愛らしく印象的でした。

 

雨もだんだん強く降ってきたので、ひどくならないうちにと展望台へ向かいます。

頂上まではロープウェイと一人用リフトで上がることができ、ロープウェイに乗りました。

 

頂上は「天橋立ビューランド」という公園兼遊園地になっていてちょっとした乗り物や休憩所もあります。

頂上から見る景色はまさに絶景!で、ガスがかかってかすんでいたのが残念ですが、それでも海に浮かぶ全景は迫力がありました。

 

海の京都へ~春の京丹後巡り~画像2 

 

京丹後の温泉&海の幸

 

展望台にいる間に雨がいよいよ本降りになり、体も冷えてきたことから再びロープウェイで降りて、今日泊まる予定の宿へ向かうことにしました。

 

途中、海岸線をずっと走りましたが、京丹後は海水浴場が多いのですね。美しい海原

を眺めながら、ドライブするのは最高に気持ちがよかったです。

 

宿泊したのは「宇治川温泉 よし野の里」。

元々はどこかの宿泊施設だったらしく、各部屋が独立した形でウッドデッキとBBQスペースが付いています。

 

私達が泊まったのはロフトのある部屋で、ゆったりくつろげました。

素泊まりだったので、近くの小さなスーパーでお寿司やお惣菜を購入。

お寿司のネタが大きく、新鮮なのにびっくりしました。しかも安い!

 

自炊もできましたがこれだけで満足してしまい、ビール片手に盛り上がりました。

 

ノスタルジック情景、伊根町

 

次の日は伊根町へ。

今回の旅で一番興味をひかれた場所です。

 

住居と船着き場が一緒になった「船場」という建物が独特の景観をつくり出している集落で、重要伝統的建造物群保存地区にも指定されています。

最近では国内外からも観光客が訪れる観光名所として有名です。

 

伊根町に着くと昔そのままの風景が残る、漁師町といった雰囲気です。

新潟の港近くで育った主人は子どもの頃を思い出して懐かしいと感傷に浸っていました。

 

観光船に乗って建物を海上から見学することができ、陸上とはまた違った見方ができるので、伊根町を訪れる方は船からの見学もオススメです。

 

海辺に建物が密集する景色も見ごたえがあり、海の澄んだ碧さにも心惹かれましたが、

趣のある建物の中を歩くと、そこだけ時間がゆっくりと流れているような安らぎを感じます。たった数時間の滞在だけではもったいなく、できるなら泊まりでこのノスタルジックな空間を堪能したいと思いました。

 

海の京都へ~春の京丹後巡り~画像3 

 

一泊二日と短い間でしたが、十分に楽しめた京丹後の旅でした。