目の前にライオンが!


目の前にライオンがいる!

群馬サファリパークと世界遺産

 

長野方面に車でお出掛けするときは、上信越道の富岡ICを通るのですが、いつも通過するだけではもったいないので、以前から行きたかった、「群馬サファリパーク」に寄り道することにしました。

せっかく行くので、他にも遊べるところはないかなと周辺を調べてみると、無料のこんにゃくバイキングで有名な「こんにゃくパーク」や、世界遺産の「富岡製糸場」が近くにあるではありませんか!一度に3ヶ所も観光地に行けるなんて絶対にお得!ということで早速行ってきました。

ライオンがすぐそこに! 群馬サファリパーク

富岡ICで降りて、5kmほど車を走らせるとあっという間に群馬サファリパークに到着です。WEB限定の入園割引券や半額キャンペーンを行っている時があるので、HPをチェックしてから入園する事をオススメします。車でゆっくり進んでいくと、普段なかなか身近で見れない動物がたくさんいます。大人も大興奮間違いなしです!特にライオンが身近で見れたのは貴重な体験でした。

写真1

他にオススメしたいのは、ウォーキングサファリゾーン!ここは車から降りて見学します。何箇所かで動物の餌が売っているので、購入すると餌をあげることができますよ。どの動物も一生懸命に餌を食べてくれますが、ライオンに生肉の餌をあげるときは緊張感が高まりました。トングを使用しますが、勢い良く食いついてきますので気をつけてくださいね!

こんにゃくパークで無料バイキング!

続いて向かったのは、こんにゃくパークです。ここは何といっても、工場見学、足湯、こんにゃくバイキングが無料で楽しめます!受付を済ませてから階段を上がって工場内へ入ると、そこには普段スーパーなどで売られているこんにゃくの製造過程が見学できました。こんにゃく芋もなかなか見る機会がないので貴重でした。見学の後は、いよいよこんにゃくバイキングです!から揚げやラーメンなど、こんにゃくがアレンジによって様々な料理になっています。もちろん、こんにゃく寒天ゼリーを使ったスイーツも用意されていますよ♪

写真2

こんにゃくでお腹が満たされたところで、最後は足湯です!なんと4種類の足湯が無料で楽しめちゃいます。タオルやハンカチはないので、各自で持参しましょう。

最後は世界遺産! 富岡製糸場

足湯で疲れをとってからは、いよいよ世界遺産の富岡製糸場へ!車は止められないので、近隣の市営駐車場やコインパーキングを利用することになるので、事前に場所をチェックしておくことをオススメします。富岡製糸場は、明治初期に創業されましたが、当時の建物がそのまま残っていることに感動します。木骨レンガ造という和洋折衷の建築様式で、フランス人が設計し日本人の大工が建てたそうです。

写真3

私が行ったときは、フランス式繰糸器の復元器で実演を行っており、細く透き通った糸が美しかったです。じっくりと歴史に触れたい方には、解説員によるガイドツアー(有料)もありますよ。

いかがでしたか?1日で、すべて周るのは大変なので、旅行で行くのもいいですね!

 

群馬サファリパーク

こんにゃくパーク

富岡製糸場