へんないきもの「へんないきもの展 2 」サンシャイン水族館


年末、息子と映画館で、「STAR WARS/フォースの覚醒」(3D)を観ました。その帰り道、「首を長―くして待ってます。」というコピーのポスターを見かけました。首がびょーんと長く伸びた亀の写真があり、息子は興味津々です。心は、宇宙ではなく、地球上の未知の動物にスイッチが入ったようです。

数年前に、「へんないきもの」という本を買い、そのイラストで描かれたいきものを見て、「こ・こんなのがいるのか!」と驚愕したことがありました。その著者の早川いくを氏が、水族館とコラボした展示のようです。イラストでも写真でもなく、生のいきものがいるのか・・・。数日後、家族でサンシャイン水族館の「へんないきもの展2」に行きました。

 IMG_5972

中に入ると最初に待ち受けていたのは、首を長―くして待っていてくれた、「ジーベンロックナガクビガメ」でした。飼育員(?)さんが、エサを差し出すと、首を伸ばして捕食します。こんなに長くて、甲羅に収納できるのかなぁ、などと心配しましたが、何とかしているようです。

IMG_5979IMG_5977

「ジャイアントクラブ」という重そうなカニ。丸くなっているとわかりにくいのですが、手(?)を広げるとツメが超巨大でした。

 RRIMG_5983

「ワラスボ」の干物も展示されていました。有明海のエイリアンとも言われる風貌です。

他にも数種展示されていましたので、ご興味のある方は現地でご覧ください。

「へんないきもの」とは失礼な気もします。植物も含めた地球上の生きものたちは、それぞれの環境に合わせて進化(変化?)してきたのです。別の言い方をすれば、神様がそれぞれの役割を与えて生まれてきたのです。通常よくある一般的な形から大きくかけ離れたいきものを「へんな」というのはかわいそうですね。

そんな気持ちもありながら、もの珍しさで見世物に行ってしまう私です。息子に、異形の者を知り、いきものとして仲間だと思う心が育まれればいいな、とか思いました。スターウォーズのチューバッカが好きになったのと同じように。人間社会でもそれぞれ個性がありますから。

 

「へんないきもの展 2」 は、2016年2月15日までで、終了いたしました。

http://www.sunshinecity.co.jp/campaign/cp/heniki2/

 

サンシャイン水族館

東京都豊島区東池袋三丁目1番3号