孫と一緒に満喫する東京スカイツリー(とその周辺) ツリーにのぼらず、ソラマチとその周辺でお安く楽しむスポットを紹介!


image001

 

人気の東京スカイツリーのある「ソラマチ」。週末や学校の長期休みは大混雑していますが、平日の午前中に訪れるとかなり空いていていい感じです。

もうすでに訪れた事があり、水族館にも行ったし、ツリーにものぼったしという方も多いはず。それに、水族館も展望台もなかなかの出費で、何度も行こうとは思いませんね。

今回は孫連れでソラマチ探訪を想定して、お安く、かつ楽しく時間を過ごせるスポットをご紹介します!

 

image003

 

ソラマチでも特にオススメのスポットがそろうのが、半蔵門線押上駅直結のイーストヤード。1階〜4階まではショップやレストランで混み合いますが、知るヒトぞ知る的スポットが9階の「郵政博物館」。大人300円、小・中・高校生150円(以下無料でお得!)で、約33万種の切手や郵便にまつわる資料が閲覧できます。デジタルゲームや3面スクリーンシアターなどの体験もあるので、子供が飽きちゃう心配はありません。スカイツリーの形のポストに手紙の投函もできて、思い出だってつくれちゃいます。(http://www.postalmuseum.jp/

 

小学生以上のお孫さんなら、8階千葉工業大学のショールームで最新のロボット見学や3D映画鑑賞もいい。無料なのもウレシいですが、科学好きの子限定。

 

image005

 

「うちの孫はまだ小さいし、遊びたい盛り」という方には、5階「東京こども区 こどもの湯」が最適。去年8月にできた話題のキッズスポットです。

昔懐かしい銭湯にカラフルなボールがぎっしり詰まったプールなので、入浴はできません。子供はボールプールに飛び込んで大はしゃぎ。おままごとみたいにお寿司屋さんごっこができるお祭り広場があり、レトロな下町を訪れた感じでゆる~く遊べます。

小学2年生以下は最初の60分1080円で、延長30分毎に600円が必要。大人料金はその半額。マッサージチェアーもあり、お孫さんが遊んでいるのを眺めながら一息入れられます。(http://kodomoku.com/

 

同じ5階にある「産業観光プラザ すみだ まち処」は、すみだの特産品を紹介したり、観光案内所があるスポット。屋外テラスがあり、小さい子供向けの遊べるスペースもあります。

お土産もゲットでき、使い勝手がいいのが「すみだ茶屋」。墨田区の人気店のケーキセット500円もいいのですが、イチオシなのが昔懐かしい「瓶牛乳」「フルーツ牛乳」「コーヒー牛乳」各130円。売り切れ御免なので要注意ですが、子供も大好き間違いなし!天気がよければテラスでゴクゴクいっちゃいましょう。(http://machidokoro.com/

 

ソラマチにはいろいろ見所があるのですが、孫たちが「お外で遊びたい〜」となったら、ぜひ連れて行きたいのが大横川親水公園のジャンボローラー滑り台。ソラマチをスカイツリー駅側に抜け、東武橋手前で親水公園に入ります。業平橋公園名物の船型ジャンボローラー滑り台は、滑り始めれば子供はだれもが大声を上げて大興奮。お尻が少々こそばゆくなりますが、ぜひあなたもご一緒にどうぞ!

 

image007

 

image009

 

業平橋のたもとには、「鬼平犯科帳」に登場するスポットを紹介する高札があるほか、円形ミラーを使ったスカイツリーとマジック記念撮影ができるアート作品もあるので、ぜひここでも記念撮影しましょう!

 

image011

 

image013