【ガーデニング】ハーブは実用的


ハーブティーにする?

お料理に使う?

 

ガーデニングを趣味とされている方も多いでしょう。私もその一人です。
数年間、お花だけを育ててきました。その時、その時の季節に咲く綺麗な花を育て、華やかでたくさんの花が開くのを楽しんでいました。私の場合はほとんどが1年草で、季節が終わると枯れてしまいます。そしてまた次の季節には、好きな花を植えお世話するという作業の繰り返しでした。
ところがハーブティーを好きになってからはハーブを育てています。ハーブの本を見ていると、ハーブの種類は多く観賞用に庭で育てている方もいることを知りました。確かに可愛い花の咲くハーブがたくさんあります。また香りのとても良いハーブもあります。観賞用なら自分でも大丈夫かもと思い、ハーブを少しずつ育てるようになりました。食用にするには虫が付かないようにするために使う薬品などに気を付けないといけませんが、観賞用なら・・・と思ったわけです。

 

image001

 

写真はバジルです。まだ小さな苗ですが、お料理に使うスパイス、バジルの香りがしっかりとあります。しかもこのハーブは虫除け効果があるというので鉢に植えて玄関前に置くようにしました。

 

image003

 

こちらはレモンバームというハーブです。こちらも今年植えたばかりの小さな苗ですが、庭に植えるとどんどん大きく育っています。花はまだですが、葉っぱには、しっかりとレモンの香りがあります。レモンバームはハーブティーにぴったりのハーブで、摘み取って生の葉を使ったハーブティーにします。このハーブをティーにして飲みたいと考え、薬品は使わないようにて育てていますが、まだ自分で育てたハーブを口にする勇気がなく・・・。ハーブティーは専らお店でドライハーブを購入しています。

 

image005

 

こちらはローズマリーです。白い花を咲かせる品種を植えています。ローズマリーは蚊を寄せ付けない他に、お料理やシャンプーなどにも使えるそうです。

 

ハーブは、ハーブティーに使うだけでなく、お料理など色々なものを作れることが魅力です。苗は食用に使える苗を販売しているお店から購入しています。また多年草の種類を選び、毎年季節に応じたお世話をすることが楽しみになっています。季節によって、また種類によってお世話は色々で大変なこともあります。派手なイメージのない自然な庭に満足しています。

変化のない作業であったガーデニング。しかし植える植物によっては日々、変化を楽しめるものですね。

 

 

この記事の執筆者

さくらっ子

もうそろそろゆったりと過ごしたい。でも趣味も続けたいし、おしゃべりもしたい。まだまだしたい事ばかりの日々です。

これまでに書いた記事