【レシピ】焼豚カンタン手作り


焼豚(チャーシュー)カンタン手作り

炒飯に、お弁当にも活用

 

ラーメンに入っている、チャーシューが大好き。

甘くなく、そこそこ固さのある噛みごたえのある脂の少ないロース肉がいい。

ふと、お肉売り場に「豚ロース焼豚用」とかかれた、塊り肉があった。

「豚バラ角煮用」というのはよく見かけるのだが。

ちゃんと、糸で縛ってあり、そのまま調理できる。

 

下ごしらえもなく、焼いて煮込むだけという時間はかかるが、手間なしレシピ

圧力なべがないので、普通の鍋でチャレンジ。

豚ロース塊り400グラムほど、糸巻きが済んでいないものは、タコ糸で巻く。

 

アイホン6 28年5月 018

 

柔らかくしたい場合は、ここで、ゴロゴロと転がすように少し揉み込む。

特に下味は付けずに、ごま油で表面に焦げ目がつくくらい、フライパンで焼き目をつける。

表面が固くしかり焦げているのが好きなので、一回り焼いておく。

その間に煮込むタレを作ろう。

醤油1カップ、紹興酒(なければ日本酒)1カップ、砂糖大匙1、はちみつ大匙2、にんにく、しょうが少々。

 

焼きあがったフライパンに直接タレを入れて、あとは45分弱火で煮込むだけ。

時々、位置を変えながら、上の部分にはアルミ箔をかぶせて、10分おきくらいに様子を見ながら。

タレが濃くなり減って焦げ付きそうなら、少しの水を足す。

 

アイホン6 28年5月 020

 

45分煮たら、粗熱を取り、15分ほど寝かせる。

ジューシーで旨みが染みた焼豚ができあがる。

 

手作りチャーシューのチャーハン、一晩寝かせてしっかりしみこませて、ごま油でさらに炒め、メンマ、あら切りネギ、ウズラの卵、と煮込んでみた。

お弁当にもおつまみにもGOOD。

 

アイホン6 28年5月