秩父名物 わらじかつ 


秩父わらじかつ

 

image001

 

ちまたでうわさの2時間待ちグルメ、秩父の老舗わらじカツなるものを目指して、朝一電車でGO!

西武秩父駅より徒歩10分の場所にある、安田屋秩父店を目指す。

わりに判りやすい場所にあり街道増沿いに面している。

大正時代からの創業で、建物は古い。

 

11時半開店とあったが、10時過ぎに並び始め4組目、どのくらい待つんだ?

開店時に並んでいたのがすでに50人ほど、その中には予約でお弁当の注文もあるらしく、待ちの人たちの人数を数えてオーダーを取って、人数分のカツが確保される。

お弁当のオーダーは、また別の列に並ぶようだ。

流石にテレビなどでも紹介され、混雑に対応しているのだろう、てきぱきとこなしていた。

12時半になってやっと順番がきた~。

店内の座席は12ほどで、お漬物と味噌汁付、カツが二枚入りで950円。

注文を聞いてから揚げ、特性の秘伝甘辛だれをくぐらせ、丼に盛る。

ひれ肉を叩いて更に柔らかくのばしたもの2枚を揚げ、まるでわらじのように二枚どかっとのせて、ふたからはみ出ていた。

こ、こんなに食べられるだろうか・・・二枚頼んだことを後悔しつつ。

カツは、さくさくしていて、やわらかく、たれにくぐらせても歯ごたえがいい。

甘辛だれは濃い目だが、しつこくない、ソースで食べるよりもあっさりとしている。

たれにくぐらせることで余分な脂を落としてくれるのか、見た目よりさっぱりとしていて見事に完全食した。

お米も美味しく炊けて、たれがしみて美味しかった。

大満足で店を出ると更に長蛇の列が出来ていて、3時間は待つだろうという人でした。

 

GWがシーズンの羊山芝桜を堪能して、お風呂にも浸かっていやされて、第二段のためにおなかを減らす!

 

お次は、西武秩父駅仲見世通りにある「お食事処、仲見世」

安田屋さんと同じくボリューム満点、揚げたあと秘伝のたれにくぐらせ、これでもか!というほど、ふたからはみ出してどんぶりに盛られている。

開運わらじかつ丼なるものを注文、開運おみくじがついていた~結果は中吉!

金箔がのっている~。

こんなにボリュームあるのに、小食の私でも食べられちゃうのは、カツがとにかくさっぱりしているから。

お肉も柔らかく、さくふわ。たれはおしょうゆベースのあまからだれ。

こちらの方が薄味かと感じたのと、カツとご飯の間にキャベツの千切りが挟まっていてさっぱりと食べやすい。

お漬物は名産のしゃくしな漬け、とん汁つきで1000円。う~ん美味しかった!

 

 

 

他に、小昼飯(こぢゅうはん)といって、農作業中にちょっとした小腹を満たすもの、ジャガイモをてんぷらのように揚げて、味噌だれで頂く「味噌ポテト」

味噌おでんは地元のこんにゃくを使って、歯ごたえがあり美味しくヘルシー。

ずりあげうどんは、茹で上げ鍋か皿に取り、しょうゆなどをかけてさっと頂くうどんで、勿論手打ち、しこしこつるつると、喉越しのよいちょ

っとしたおやつとしていただくようです。

しっかり食べる、わらじカツと、味噌ポテトなどのおやつ風の素朴な味の旅でした。

はぁ~おなかいっぱい~大満足!