チャレンジひとりドライブ

第二回「道の駅だけをめぐる旅」


やってみたかった道の駅だけに行くドライブ

道の駅が好きである。どこかに遠出すると必ず立ち寄ることにしている。時には名所旧跡より、途中の道の駅の方が楽しみだったりする。周りにもファンが多い。

中でも地場産の野菜コーナーは見逃せない。今朝収穫した新鮮野菜の数々を眺めながら、これで何を作ろうかと考えるのが楽しみだ。とにかく新鮮で、価格も比較的安いのが魅力的なのである。

ずっと道の駅だけを巡るドライブをしてみたかったのだが、家族が一緒ではかなうはずもない。だいいち野菜が比較的安くても、高速代、ガソリン代を考えたらこれはかなり高くつく。野菜だけで考えたら、究極の贅沢でもある。

でも、好きなことだけやる「ひとりドライブ」は、心に得るものが大きい。これは実証済み。前回交換したタイヤも100キロ点検を済ませ足回りは絶好調。一人旅にも自信がついたことだし、道の駅めぐりにチャレンジ。

 

秩父には道の駅がいろいろ

東京からほど近い秩父へは、よく訪れるので多少は土地勘がある。地図で見ると道の駅も比較的多い。少し変わった趣向のものもあるようで、これはぜひ行ってみたい。

というわけで、今回のひとりドライブは、秩父道の駅めぐりと決めた。

関越自動車道の花園ICから皆野有料道路を経て秩父へ。秩父市街から西方に位置する小鹿野が最初の訪問地なので、谷合から山を登る高低差のあるワインディング路を走る。急カーブが連なる道では、タイヤがしっかり路面をとらえている感じが気持ちいい。「うん、グリップがいいわね」などと生意気なことをつぶやいたりする。山道がすごく楽しいことを体感。

 

道の駅 両神温泉薬師の湯

K07D0010

 

到着したのは小鹿野の山間に位置する道の駅「両神温泉薬師の湯」。最近は温泉施設を併設した道の駅があると聞いていたので、どんなものなのか興味があった。

広い敷地には、温泉施設、農産物直売所、地域資源活用センターが並ぶ。

 

両神温泉

さっそく温泉を見せてもらった。浴室は広く気持ちがいい。ph9.2で、美肌効果抜群の湯であるそうだ。地元の人々も多く利用するとか。

隣接する地域資源活用センターでは蕎麦、うどん打ち、こんにゃく作り、豆腐作り体験ができ、目の前の小鹿野ファームでは、5月下旬までイチゴ狩りが楽しめる。

これはもはや単なる休憩施設などではなく、一日過ごし、のんびりするためのレジャー施設と言っていい。地元の人たちも家族とのんびり遊びにくるらしく、デイサービス施設も隣接されている。

 

K07D0022

もちろん直売野菜も豊富。観光客だけではなく、地元の人も買っていくとのこと。

滞在型道の駅というスタイルに感心しつつ、次へ移動。

 

道の駅 龍勢会館

K07D0047

これもちょっと毛色の変わった道の駅だ。ここ秩父市吉田に伝承される「ロケット」を展示した資料館がメインなのである。

 

K07D0069

このロケットを「龍勢」と言う。毎年10月、五穀豊穣を願い、27流派によって、様々な工夫を凝らした手作り龍勢が地元の椋神社(むくじんじゃ)に奉納され打ち上げられるそうだ。

館内ではこの特大ロケット「龍勢」をはじめ、その製作過程や椋神社例大祭での迫力満点な打ち上げの様子を大型スクリーンで見ることができる。龍勢はアメリカ航空宇宙博物館も大いに関心を示したという。ロケットってなんだろうと半信半疑だったので、これには感激した。必見である。

地域の文化、歴史がメインというスタイル。これも地域の発信力を持った道の駅といえるだろう。

 

道の駅 ちちぶ

修正版

秩父市内に戻ると「道の駅ちちぶ」がある。可愛いピンクの建物で、とんがり屋根が目印。

 

K07D0079-1

物産が中心で、その種類が豊富だ。秩父周辺の地場野菜を中心に、特産品が数多く並んでいる。

地酒も種類があり、この日は特設コーナーまで設置してあった。

他にもカエデのラムネ、手作りアイスクリーム、特製コロッケなどここならではの味が楽しめる。

市街の中心にあるので、秩父に出かけたら、立ち寄るのに便利な道の駅だ。

 

道の駅って何だろう

他にも「あしがくぼ」「大滝温泉」「はなぞの」と道の駅を巡ってみた。どこもそれぞれ違う顔で迎えてくれる。共通しているのは地域の持ち味が心地よく漂うこと。みな活気があり、笑顔で迎えてくれ、「竹炭は下駄箱や冷蔵庫にええのんよ。お風呂にもな」などとと気さくに教えてくれる。

単なる休憩所ではなく、飾り立てた観光施設とも違う。道の駅は普段着で語りかけてくる。だからこちらも「こんにちは」と立ち寄り、構えず道の駅の語りかけに耳を傾けられる。地域と人に出会える交流の場とでも言おうか。

名所旧跡を差し置いて、なぜ道の駅めぐりに来たかったのかわかったような気がした。

 

今回の走行距離は約300km。山道をかなり走った。おかげでスローイン・ファーストアウト(カーブの手前でしっかり減速し、カーブを曲がって見通しがきいたら加速する)のコツがつかめた。ランフラットテクノロジー採用タイヤを履いていることもあり、「万が一山奥でパンクしたとしても大丈夫!」という安心感からか、一人ドライブでも心細くはなかった。

道の駅でしゃきしゃきの野菜もたっぷり買い込み、ワインディングロードも経験したチャレンジひとりドライブ。次はどんな出会いがまっているだろう。

 

K07D0079

 

文 岡よしみ

 

<取材協力>

道の駅 両神温泉薬師の湯  電話0494-79-1533

道の駅 龍勢会館      電話0494-77-0333

道の駅 あしがくぼ     電話0494-21-0299

道の駅 大滝温泉      電話0494-55-0126

道の駅 ちちぶ       電話0494-21-2266

道の駅 はなぞの      電話0485-84-5225