BeStyleブログ

地肌を健康にセルフマッサージ  顔のたるみは頭皮から


地肌を健康にセルフマッサージ  顔のたるみは頭皮から

 

667215

 

抜け毛や頭皮の疲れは気になるけれど、何をしたらよいのかわからない。

 

頭部の地肌はてっぺんにあるために、いつも外界からの刺激にさらされています。

夏は紫外線や汗、冬は乾燥に冷え。

頭皮のトラブル、においやフケ、抜け毛などの解消には、マッサージが良いとわかっていても、洗うだけになっていませんか。

根詰めて作業していると頭をぼりぼり掻いてしまうなんてことありますね。

頭皮の血流が悪くなっているとむずむずしてきてつい爪を立てて掻きむしり、地肌に傷をつけて、頭皮湿疹になってしまったり、ストレスが溜まっている証拠です。

少し、頭皮を思いやり、頭皮の為にひとつでも習慣にすることが地肌や髪、心のストレス解消にも役立ってきます。

美容室や理髪店でのマッサージやシャンプー中にうとうと、とても気持ちがいいものですよね。

毎日のケアの中に少しだけプラスするだけで、一日の負担をリセットしましょう。

 

物理的に引力の法則から、頭皮はいつも引っ張られていますが、逆立ちして歩くわけにいきません。頭皮に張りがなくなれば、自然と顔の皮膚もたるんできます。

お顔のマッサージに加えて、同じ皮膚の頭皮もマッサージすることが大切です。

 

頭皮のツボ*頭皮はどこを揉んでも気持ちの良いものです。

 

こめかみ  「太陽」というツボです。眉尻と目じりの中間の生え際。

親指で強すぎない圧迫をかけて上に持ち上げるように5秒、ぱっと離します。

5,6回繰り返すだけもすっきりとします。

 

百会  両耳を頂点で結んだポイント、脳天ですね。

頭部を包むように両手の中指で耳からゆっくりと持ち上げていきます。

頂点まできたら、中指先で百会を軽く回すように揉みあげます。

こちらも5,6回繰り返します。

 

襟足  襟足のラインに沿って、手のひら全体で頭を包むようにし、親指の腹で圧迫しつつ、少しずつ上に耳に沿って持ち上げていきます。

耳裏まできたら耳上の頂点でぐっと頭皮全体を持ち上げるように圧迫して離します。

 

こめかみフェイスライン、耳裏ネックライン  両手を開いてフェイスラインから指を差し入れ百会に向かって指が交差するまで持ち上げる。

これを5回繰り返すだけでも、頭皮が暖かくなってくるのがわかります。

 

乾いた状態で少し指先にオイル等をつけて滑りをよくしながら、シャンプー前湯船につかりながら、シャンプー後のトリートメントの時、そして必ず髪は乾かすこと、乾かしながらでもやってみてください。

 

頭皮の血行が良くなると、視界が広がったような感覚になります。

また、ブラッシングでもマッサージ効果があります。

こちらを参考にしてみてください。

おうちヘッドスパ1  オリーブオイル

http:// www.free-age.jp/blog/428.html

 

ひとつでも、習慣にしてみると苦にならないほど簡単なことでしょう。

お顔の浮腫みや、肩こり、目の疲れ、頭痛などにも効果あるツボをマスターして、ストレスから解放してあげましょう。