季節の彩りを楽しむ

【新年を迎える】大掃除いらずの習慣


キレイな家

そして新年の室礼

 

もう新年を迎える準備はお済みでしょうか?

年の瀬だけど 大掃除もままならない・・・なんて、お忙しい方も多いことと思います。
という私もその口ですが・・。
そこで新年からは普段仕事などで忙しい方でも「年末の大掃除がほぼいらなくなる習慣」を始めてみませんか?

せっかちでとにかく楽なのが大好きな私が実践している位ですので、本当にたいしたことはありません(笑)ポイントをあげるとするとこの3つでしょうか。

 

1. 週末に家事はまとめてしない

毎日1箇所、10分以内で出来ることを掃除しましょう。今日はトイレ、明日は洗面台、明後日は1Fの床、明々後日はキッチンのシンク周り等‥と集中で掃除する箇所を確実に出来る範囲だけやることで、無理なくかつ達成感も日々得られるので意外と続けられます。1週間で全て終えようなんて思わずに マイペースに限りなく目標を低く!です。

 

2. もったいない!を実践

例えば、キッチンクロス、使った後そのまま洗濯かご、ではなく、もったいないから カウンタートップと周りのキッチンパネルをついでに拭いてから。あるいはお風呂上りの使ったタオルをそのまま洗濯かご、ではなく、歯磨きの終わった洗面台の鏡や水栓周りをさっと拭いてからお洗濯へ。洗濯かごへの移動中も気になるところがあればついでに・・・。わざわざ洗濯物も増やさない、まさに「ついで」拭きです。
(几帳面で気になる方はお洗濯の際に酸素系の漂白剤などで除菌されて下さいね。)
これだけでも一番汚れが気になりやすい水回りが最低限、一定に保たれますので。

 

3. 使うところに掃除道具

洗面台でドライヤーの後の髪の毛⇒クイックルワイパーなどのフロアワイパー、洗濯物を畳むときの糸くず⇒コロコロなどの粘着式クリーナー、ガスコンロの油などの汚れ⇒セスキ炭酸ソーダ(アルカリ)のスプレー・・・などすぐそこに掃除道具があればその場で解決です。ドライヤーの後に手を伸ばして床掃除、糸くずの付いた黒のTシャツはコロコロでさっと転がせばすっきり、使用後のガスコンロにセスキ炭酸ソーダのスプレーをシュシュっとかけてキッチンペーパーで周りのキッチンパネルから、コンロの方に拭いていけば いとも簡単にすっきり汚れが落ちます。

キレイになったら、こんな正月準備をする余裕も生まれますね。まずは玄関のドアにシンプルなリースなど。

 

DSC_0204

 

そして ちょっとしたスペースにコーナー飾り、折敷の上に小さい升を重ねて小物と一緒にディスプレイしたり、松や南天、千両の短い枝を添えてもいいですね。

 

_20161229_005626

 

リビングには松、金や銀の柳、南天や千両などで写真の様にシンプルに活けても また水仙や菊、シンビジューム、梅といった定番から、春の花:チューリップ、フリージア、ストック、ラナンキュラス、スイートピーなどをお好みで加えれば、さらに華やぎますね。

皆さま、どうぞ素敵な新年をお迎えください。

 

_20161229_005917

 

小野由美子

STUDIO the bloom

http://www.studiothebloom.net/