おいしい紅茶のいれ方

アイスティーのバリエーション(フルーツ&リキュール)


 

image001

 

以前「アイスティーを作ってみませんか?」では、アイスティーの簡単な作り方を、「セパレートしたアイスティーをつくるには?」では、グレープフルーツ、バナナやミルクなどを使って2層に分かれたアイスティーをご紹介しました。

 

今回は誰にでも簡単にできる基本のアイスティーのいれ方を復習し、フルーツやリキュールを使ったアイスティーバリエーションをご紹介します。

 

〈基本のアイスティーの作り方 6人分〉

 

紅茶(約12g)もしくはティーバッグ(6袋)

熱湯(450㎖)

 

⑴ まず、ポットを準備して、あらかじめ温めてください。

 

⑵ 次に、温めたポットに茶葉を正確に量って入れましょう。

(ティースプーンで6杯・約12g、もしくはティーバッグ6袋)

 

⑶ 熱湯を勢いよく注いで2分蒸らし、通常の2倍の濃さのホットティーを作ります。

(ティーカップ3杯分・約450ml)

 

⑷ 氷をたっぷり入れた容器に⑶を注いでかき混ぜ、冷えたら氷を取り除いてください。

 

この方法はダブルクーリング方式(以前の紹介は、オンザロックス方式水差し方式)です。

夏でも常温で半日程度の保存ができますので、お客様をたくさんお招きした時など重宝します。

冷蔵庫に入れるとクリームダウン(紅茶が白濁する現象)しますので、注意してください。

飲むときには、氷を入れたグラスに注いでお召し上がりください。

 

 

ティーパンチ

 

 フルーツがたくさん入ったアイスティーです。「パンチ」はヒンズー語で、数字の「5」を意味します。

果物は何種類使ってもいいのですが、今回は5種類のフルーツを使いました。

繝・ぅ繝シ繝代Φ繝・窿」

 

〈材 料〉基本のアイスティー*フルーツ(オレンジ・リンゴ・キウイ・ブルーベリー・パイナップル)

シュガーシロップ*炭酸水*ワイン・リキュール適宜

 

⑴ パンチボウルやグラスに、たっぷりの氷とフルーツやシュガーシロップを入れ、基本のアイス  ティーを注いで、おもてなしの直前に炭酸水を加えて完成です

⑵ お好みでワインやリキュールを加えてください

 

繝・ぅ繝シ繝代Φ繝・窿」 (1)

 

サンセットティー

 

紅茶を赤く染めた赤ワインと夕日に見立てたレモンが、夕暮れのひとときを想わせます。

〈材 料〉基本のアイスティー*赤ワイン*レモン(スライス)*シュガーシロップ

⑴ グラスに氷をたっぷりと入れて基本のアイスティーを7分目まで注ぎます

⑵ 赤ワインを氷にあたるように静かに注ぐと2層に分かれます

⑶ スライスしたレモンを飾り、お好みでシュガーシロップを入れてください

 繧オ繝ウ繧サ繝・ヨ繝・ぅ繝シ1窿」

 

ベンガルタイガー

≪ベンガルのトラ≫という名前のアイスティーです。

ベンガルは、南アジア北東部の地域名で、現在東部はバングラデシュ領、西部はインド領です。

さっぱりとした味ときれいなオレンジ色が人気のメニューです。

〈材 料〉基本のアイスティー*オレンジスライス*オレンジジュース*レモン果汁

コアントロー*炭酸水

⑴ グラスにオレンジスライスと氷をいれて基本のアイスティーを注ぎます

⑵ 好みの量のオレンジジュースとレモン果汁を加えてコアントローで香りをつけます

⑶ 炭酸水を注ぐとさらにさわやかさが増します

繝吶Φ繧ャ繝ォ繧ソ繧、繧ャ繝シ1窿」 

アイスパイナップルティー

パイナップルのさわやかな酸味と甘酸っぱい香りが紅茶の香りとよくマッチします。トロピカルな夏を味わってください。

〈材 料〉基本のアイスティー*パイナップル(スライス・果汁)*シュガーシロップ*ジン

⑴ グラスにたっぷりと氷とパイナップルの果汁を入れ、基本のアイスティーを注ぎます

⑵ お好みでシュガーシロップ、炭酸水やジンを入れますと、さわやかな大人の味になります。

 

繝代う繝翫ャ繝励Ν繝・ぅ繝シ1窿」

 

トリプルティー

〈材 料〉基本のアイスティー*グレナデンシロップまたはカシスリキュール*グレープフルーツ果汁

カットグレープフルーツ*ミント

⑴グラスに4分の1まで氷を入れ、グレナデンシロップまたはカシスリキュールを少し入れます

⑵その上に氷を3分の2まで入れ、グレープフルーツジュースを氷にあたるように静かに注ぎます

⑶もう一度、氷を足して基本のアイスティーを注ぐと3層に分かれます

⑷グレープフルーツとミントを飾ってください

 

グレナデンシロップ入りはお子様用に、カシスリキュール入りは、大人用としてお楽しみください。

 image007

 

この他にも、リキュールやフルーツを使ったたくさんのアイスティーバリエーションがあります。

基本のアイスティーをたくさん作って、フルーツやリキュールを用意し、お友達やお子様とともに、自分だけのオリジナルアイスティーを作ってお楽しみください。