季節の彩りを楽しむ

【消臭防カビ】梅雨対策はアロマで簡単&心地良く


梅雨時期のジメジメ対策

アロマで簡単&心地良く♪  

 

 image004

 

ジメジメとした梅雨の季節。気になるのが「お部屋のニオイ」や「カビ」。
温度20~25℃で、湿度75%以上、カビの栄養源となる食べカス・石けんカス・ホコリなど、梅雨時期は、カビが育つ条件がそろいやすくなります

部屋のニオイもカビや雑菌の繁殖によるものだとか。洗濯物を部屋に干すことの多いこの時期は、なおさら気になりますね。

今年は、そんな気になる悩みを「アロマ」を使って解消してみるのはいかがでしょうか。

 

おすすめの精油(エッセンシャルオイル)

「ラベンダー」、「ティートリー」、「ユーカリ」、「ペパーミント」、「ヒノキ」などの精油(天然100%のもの)。
いずれも殺菌、抗真菌、消臭などの作用があります。部屋のニオイの元になるカビには、抗菌、抗真菌、抗ウイルス、抗炎症作用がある成分の[テルピネン-4-オール]を含む ラベンダーやティートリーは効果的です。特にティートリーはこの成分を約35~40%も含んでおり、強い殺菌消毒性と抗真菌(=真菌の増殖を抑え、死滅させる)作用があるため、カビにも効果的です。また、ヒノキに含まれる[α-カジノール]という成分はダニを防ぐ働きがあり、アレルギー対策にもオススメです。またペパーミントは、清涼感も感じられる香りなので、蒸し暑い季節にはおすすめです。

 

tea-tree

lavender

 

使い方は簡単

ディフューザーやアロマポットを使って、部屋中に精油を拡散させます。さわやかな香りと同時にお部屋のカビなどを抑えてくれるというわけです。さらに、洗濯物のすすぎのときに精油を1~3滴落とすと、部屋干ししたときの嫌なニオイも防げます。(※衣類への着色を防ぐため、無色の精油でお試しください)

また、アロマポットが無くても精油を染み込ませたリボンを扇風機に取り付ける方法でも同じ効果が得られます。最近はアロマを垂らすポケットがついたタワー型の扇風機なども出ていて、私も洗濯物の乾燥の際に重宝しています。扇風機から出る風を通して部屋中をさわやかに保ってくれます。
精油をブレンドすることで香りも豊かに、かつ相乗効果も期待できます。

他にも 便利な使い方と作り方を2つご紹介

とても簡単なのでぜひお試し下さいね。

 

「アロマスプレー」:消臭・殺菌&防カビに

アロマスプレーを掃除後の浴室、洗面所などに吹きかければ、「クロカビ」などの繁殖を阻止。キッチンのゴミ箱まわりに使うのもよさそうです。

 

 image002

 

〇材料

・精油(ラベンダーとティートリーなど上記でおすすめの精油の中から2種位)5~7滴
・無水エタノール 5ml(薬局で購入可能)
・精製水 45ml(薬局で購入可能)
・スプレー容器

〇作り方

・スプレー容器に無水エタノール5mlを入れる。
・精油を5~7滴位加えてよく混ぜ合わせる。
・そこに精製水45mlを加え、よく振れば完成。

精油は紫外線に弱いため、遮光性のあるスプレー容器を使うのがオススメ。また、アロマは鮮度が大切なので、1シーズン以内を目安に使い切りましょう。

 

「アロマ重曹」:消臭・防カビ&湿気とりに
  
重曹は除湿&消臭効果があるので 置くだけでナチュラルな湿気&ニオイとりが出来ます。特に下駄箱や収納、冷蔵庫におすすめ。香りがしなくなったら、精油の作用も無くなってしまうので、同じ精油を足しましょう。重曹が固まってきたら交換の目安ですが、使用後も水回りなどの掃除やパイプのつまり防止などに再利用して、あますことなく利用できるのでとってもエコです。

 

normal

〇材料
・精油(ラベンダーとティートリーなど上記でおすすめの精油の中から2種位) 2~4滴位
・重曹 適量(多めがおすすめです)
・置く場所に合ったお皿やカップなどの器(ガラスか陶磁器)
〇作り方
・器に入れた重曹の上にエッセンシャルオイルを2~4滴位垂らすだけ♪  

・こぼれるのを防ぐには器にキッチンペーパーなどで蓋をし、輪ゴムなどで止めるか、不織布のだしパックの袋等に入れると簡単です。

 

いろんな使い方で いい香りが部屋に広がり、お悩みもいろいろ解消♪ この梅雨の時期にアロマで快適に過ごしましょう。

 

(*妊婦さんやお子さんがいる家庭では、安全の為に濃度を薄くして使うのがおすすめです。そして、ペットを飼っている方も注意が必要です。特に猫、フェレットなどは精油成分を体内で代謝(分解)できず、中毒症状をおこすことがあるので注意が必要です。)

 

 

小野由美子

STUDIO the bloom

http://www.studiothebloom.net/