おいしい紅茶のいれ方

スコーン作り、クリームティー楽しむ


スコーンを作ってクリームティーをしませんか?

 

クリームティーの看板

イギリスの田舎を散策していると、クリームティーと書かれた看板をよく目にします。この看板は、イギリスを代表する劇作家・シェイクスピアの生まれ故郷である、ストラトフォード・アポン・エイヴォンのホテルの壁に掛けられていたものです。

ホテルのクリームティー

クリームティーとは、焼きたてのスコーンにクロテッドクリームとジャム、これにポットの紅茶がついている伝統的で庶民的なティータイムのメニューのことです。紅茶に生クリームを添えたりする飲み物のことではありません。

歴史ある街の散策の途中で見つけた、ホテルのテラスでのティータイム。スコーンにストロベリーやラズベリーなどのジャムを塗り、その上に「クロテッドクリーム」という、バニラ色の濃厚なクリームをたっぷりとのせて、ポットサービスの紅茶とともに過ごした時間は、とても幸せなひとときでした。

クロテッドクリームは、バターと生クリームをミックスしたような味で、口に入れるとすっと溶け、コクがありますが、しつこくないクリームです。イギリスでは、いろいろな種類のものが手に入りますが、日本では、大手スーパーやデパートの食品売り場で買うことができます。

スコーンは、家庭で簡単にできるクイックブレッドとも言われている、ティータイムの定番の焼き菓子です。今回はスコーンを作って、お友達やご家族とともにクリームティーを楽しんでみましょう。

【用意するもの】

小麦粉 280g・ベーキングパウダー小匙3.5・塩 少々

バター 60g・・砂糖 35g・牛乳 100cc・卵 1個

【下準備】

ⓐ オーブンは180℃に温めておく

Ⓑ 小麦粉・ベーキングパウダー・塩は合わせてふるっておく

© 卵と牛乳をよく混ぜ合わせておく

【作り方】

① Ⓑの粉の中に細かく切ったバターを入れ、細かいパン粉のようになるまで指先で揉み込み砂糖を加える

② ①の中央にくぼみをつくり、©を流し込み、粉を内側から少しずつ崩して混ぜ、一つにまとめる。

③ ②を厚さ約2.5㎝にのばし、好みの丸い抜型で抜いて天板に並べる

image003

④ 表面に卵と牛乳を混ぜたものをハケで塗り、10分程おいてからオーブンで約12~15分焼く

image004

スコーンが焼きあがりました。

image005

クロテッドクリームとジャムと紅茶とともに、クリームティーをお楽しみください。

スコーンは、もちろん焼きたてがいちばん美味しいのですが、冷めてしまったら、オーブントースターで温めてお召し上がりください。多めに作って保存しておくと便利です。2~3日なら冷蔵庫で、それ以上なら冷凍で約1か月保存できます。冷凍の場合は、常温で解凍してから温めてください。

スコーン_紅茶