季節の彩りを楽しむ

ひな祭り


もうすぐ ひな祭り

IMGP0551

3月3日は、ひな祭り、桃の節句ですね。早めにひな人形を飾られている方も多いことと思います。春を迎えて、華やかなひな人形を飾ったりご馳走を食べたりと華やぎのある行事ですが、もともとは厄払いと健康を願うことがルーツだったのをご存知でしょうか。

一年の節目となる日を節句と言います(せっく)。節句は一年に5つあり、これを五節句(節供)と呼びます。1月7日の人日(じんじつ)、3月3日の上巳(じょうし)、5月5日の端午、7月7日の七夕、9月9日の 重陽(ちょうよう)などがあります。もともとは、中国から伝わった暦上の節目の日で、奇数が重なる日に邪気を祓う行事が行なわれていたものですが、日本に伝わったあと少しずつ変化し公家や武家においての公式の祝日とされました。五節句は江戸時代に幕府によって制定されました。節日(せちにち)として季節の変わり目に 神に食べ物を供えて健康を祈祷します。

ひな祭りのルートをたどると・・

3月3日はこの五節句のうちの一つで、もともとは3月上旬の巳の日をさし、中国の上巳の日に川で身を浄める禊ぎの習慣があり、これが平安時代日本に伝わり、宮中の「人形遊び」と結びつき、後に川に人形を流して厄災を祓う「流し雛」へと発展します。現在でも流し雛の風習が残っている地域がありますね。

ひな祭り自体は、中国の上巳の祓いが伝わる以前から、日本の貴族社会では「雛遊び(ひいなあそび)」というものがあり、平安の中期に盛んに行われていたようです。貴族階級の子女から始まった人形遊びが起源で、江戸時代に庶民へと伝わり、次第に3月3日に、女の子のお祝いの儀式として人形を飾るしきたりが定着していったとされています。

現在のように、段を組んだり豪華な飾りを施すようになったのは江戸時代に入ってからで、徳川家康の孫の東福院和子様がお子様の為に作った座り雛がひな壇飾りの始まりだったとも言われています。江戸時代初期、京都の御所で盛大な「ひなまつり」が催されて以降、江戸の武家社会にも広まり、庶民の間にも定着していったとされています。

DSC_0667

また、吊るし雛を飾る地方(山形、静岡、福岡がゆかりの地)もあります。吊るし雛が始まったのは、江戸時代といわれています。その頃、裕福ではない一般の家では、雛人形はとても高価でなかなか手に入らないものでした。でも生まれてきた子供の幸せを願う気持ちは一緒ですから、家族や近所の人たちがみんなで 少しずつ小さな人形をつくり、持ち寄って「つるし雛」が作られ始めたようで、「衣食住に困らないように」との願いを込めて飾られるものです。

DSC_0662

我が家でも2月のはじめには陶器の小さなお内裏様とお雛様と共に吊るし雛を飾っています。飾るときは小さな頃の気持ちがよみがえるためか!?何歳になっても毎年ワクワクします。

なぜ桃を飾るの?

中国では上巳の節句には、桃の花を愛で、桃の花を漬けたお酒を飲み、桃の葉が入ったお風呂に入って邪気祓いを行っており、また旧暦の3月3日はちょうど桃の花が咲くころだったことから、ひな祭りに桃の花が飾られるようになったそうです。「桃の節句」という別名は、桃の開花期に重なるというだけでなく、桃の木が邪気を祓う神聖な木で「長寿」のパワーがあると考えられていたのです。厄払いの意味があるので一夜飾り(3月2日から1日だけ飾る)は避けるべきとされ、遅くとも2月の中旬くらいまでに飾った方が良いと言われています。

ひな祭りの食べ物の意味は?

ひな祭りには、ひな人形を飾り、白酒・菱餅・ひなあられ・桃の花等を供えて、料理はちらし寿司と蛤のお吸い物が定番になっていますね。

桃の節句に「ちらし寿司」を食べるようになった理由については諸説あるようですが、一節には「なれ寿司」が原型と言われています。「なれ寿司」とは、今の寿司の起源となったものと言われているのですが、桃の節句に なれ寿司に縁起がよいエビ(長生きを願う象徴)や、色味の鮮やかな春らしい菜の花を載せて食べていました。これが現代へと受け継がれていくうちに、「見通しが良いように=れんこん」や「まめに仕事が出来るように=豆」と言った語呂に合わせた食材をのせた「ちらし寿司」へと変化していったと言われています。

「蛤」の貝殻は貝合わせの遊びにも使われるように、一対になっている相手以外とはビッタリ合いません。
こうしたことから、一人の人と生涯連れ添うようにという親の願いがこめられています。          

「菱餅」と言えば、赤・白・緑の三色が見た目にも美しい、雛祭りには欠かせない食べ物です。菱餅は、上巳の節句と共に中国から伝わった風習で、元は母子草(ははこぐさ)という草餅でした。しかし、「母子をついて餅にする」と嫌がられ、日本ではヨモギを使うようになりました。また、今の菱餅の形になったのは江戸時代からで、三色にはそれぞれ、赤は魔除け、白は清浄、緑は健康という意味があり、さらに春に「雪が解け(白)新芽が芽吹いて(緑)やがて桃の花が咲く(赤)」というよう意味合いがあると言われています。

CCF20160218_0000-1
「ベストフラワーアレンジメント春号(No.57)」(フォーシーズンズプレス社)

 

(この写真では花の雑誌の撮影でしたのでアレンジメントをのせていますが、)ひな祭りのテーブルには 赤や桃色のクロスやランナーなどを敷き、塗の折敷を使ったり、酒器、箸置きなどを桃色や花モチーフなどを選ぶと簡単にひな祭りらしい演出になります。今は100円均一のお店でも小さな色漉き和紙なども見かけるようになりましたので、淡いピンクや黄色、鶯色などを連続させてテーブルのセンターに置き、その上にシンプルにお花を飾ったり、コースター代わりにしても素敵ですね。お花は桃や菜の花、春らしいスイートピー、ミモザなどを飾ってみてはいかがでしょうか?ひな祭りの定番の料理と共に あらためて家族の厄除けと健康を願い、共にあることを感謝しながら食卓を囲んでみませんか。

 

参考文献:「四季の行事のおもてなし」PHPエル新書 他

 

小野由美子

STUDIO the bloom

http://www.studiothebloom.net/