BeStyleブログ

おうちヘッドスパ2


オイルでもみほぐし法の次は、炭酸スパです。
サイダーのようなシュワシュワ感が爽やかな炭酸。
炭酸の細かい気泡が皮膚表面をマッサージし、毛穴の中まで入り込んで肌もすべすべになります。
スパリゾートなどで見かける「美泡湯」は白くにごっていますが、細かい気泡で白く見えるお風呂です。
マイクロバブルという細かい泡のマッサージ効果で、湯上り感お肌がさらさらになるというものと同じ原理です。
image001
一番手軽に出来るのは「炭酸入浴剤」市販されている炭酸水でも出来ますが、炭酸水を温めることにちょっと無理があるので、ここでは手作りしてみましょう。
用意するものは重曹、クエン酸、精油、これだけです。
これらを混ぜ固めたものが、市販されている炭酸入浴剤。
固めずそのまま湯船や洗面器に溶かせば、手作り炭酸入浴。
重曹2に対しクエン酸1の割合で軽く混ぜます、そしてお好みの精油を数滴たらし混ぜ合わせます。
髪や頭皮のデトックスには、シャンプー後洗面器などに(重曹10グラムクエン酸5グラム、精油数滴ほど混ぜたもの)炭酸粉末を入れると、シュワシュワと炭酸水が出来ます。
すぐ泡が消えても、湯の中に溶け込んでいるので、効果は続いています。
洗面器を膝に乗せ、コップなどで頭皮全体にかけ、落ちた湯がまた洗面器に落ちるように何度もかけ流します。
細かい気泡が毛穴に入り込んでマッサージしてくれ地肌の血行も良くなり、キューティクルの隙間の老廃物も取り去ります。
その後の酸性リンスはしなくてもOK。
後は軽くシャワーで流してください。

軽い汚れ程度なら、石鹸で洗わずとも、炭酸だけで充分汚れが取れます。
かけ流すときはうつむきですが、最後シャワーで流す際には頭を上げて流すと体にも炭酸スパ!
髪がふわっと立ち上がるような、空気が入っているような感覚になります。
髪を洗っているときにも、少しの炭酸水を足しながら泡立てると、ふわふわと泡立ちます。
ブラッシング、オイルマッサージをしてから行えば、スッキリデトックス完璧です。