BeStyleブログ

抜け毛がひどいんですが・・・円形脱毛症


この仕事(ヘアサロン)をしていると、時々見つけてしまうのです。円形脱毛症。

ほとんどの方が、自覚が無く、あらぁ、なっていますよ~でびっくりすることが多のです。

経過としては、徐々に広がっていくよりも、一気にその一帯が薄くなり抜け落ちてしまいます。

しかし、発見したときにはすでに産毛が生えていることが多いのです。

「びっくりしたでしょうけど、もう産毛が生えてきていますから大丈夫、気にしないことです」と答えると安心してくださり、次のご来店時にはちゃんと生えていたりします。

 

image001

円形脱毛症には、ひとつだけのことが殆どですが、いくつか、またはあちこちにできる事もあります。

また頭髪だけではなく、体全身に起こることもありますが、頭髪の場合には見た目も不愉快ですし、気になります。

脱毛している部分の頭皮がなんとなく他よりも弾力が無く、硬い感じがします。皮膚の力が衰えている証拠です。精神的なストレスからのものだと言われていますが、原因はわかっていませんが疲れているときに発症することは確かなようです。

その疲労も、人によって様々で、どの程度のストレスで抜けると言う尺度はありません。たいして苦労してないのにしょっちゅう出きるという人も居ます。

同じ人でも「前に一度なっただけ。今の方がよっぽど苦労してるのに」なんて言っていたり。

色々な要素が組み合わさって、環境にも左右されるようです。自己免疫疾患の場合にも多く見られます。

完全につるつるに成るまでに3ヶ月、徐々に産毛が生えてきてからわからなくなる程度の約1センチほど伸びてくるまでに3ヶ月~半年。

それ以降、個数が増えたり広がったりする場合には、医学的治療をお勧めします。

内面的にストレスを抱えそれが消えない限り、脱毛症も治まらないといった場合には、精神的な治療も有効です。解決したら生えてきた!ということが殆どです。

ストレスで禿げるのでしょうか。ストレスから胃潰瘍になったりするのと同じで、胃潰瘍は胃に穴が開くといます、糜爛や潰瘍ですが、それと同じことだと思います。

アレルギー疾患があり、とくにアトピー体質の人に脱毛症が見られますので、精神的な円形脱毛症が起こった場合、治りにくくなる可能性があります。

病院に行くと、血管を広げる拡張剤を保険内で処方されます。これは毛細血管を広げ血流を良くする二次的な作用です。もともと原因が良く判っていないのですから、対処療法しかありません。

いろいろな研究も行われていますが、副作用などを考えるとこれといった治療法がないのが残念です。

風邪と同じでしょうか。今インフルエンザもタミフルが活躍していますが。なぜ治療研究が進まないのでしょうか。ガンなどと違って命に別条がないからでしょうか。禿げ治療薬を開発したらノーベル賞物だとも言われているのに。

 

一般に、一日に抜ける髪の毛の本数は100本なら正常と言われていますが、実際に100本の髪の毛が排水ネットにかかると長さにも寄りますが、真っ黒になります。

そこで、はっとして、「まさか円形脱毛症?」と思ってしまうわけです。

あわてて地肌を見ても、円形禿げはないな・・・と安心するものの、脱毛具合に不安が残る場合良く観察してください。

すぐにできる対策、つまり抜けないためにすることは、知らずに抜ける原因をつくってしまっていることを考えてください。

 

<<やたら毛が抜ける~~~!!はげるの??って思ったときに>>

あなたの髪型ですが、ワックスなどで固めていませんか?

一日中束ねていませんか?

パーマをかけていませんか?

これらは、洗髪の祭にごっそり抜けた気になります。

自然と抜け落ちているはずの毛髪が、髪型や、整髪料によって毛先などに留まっているから、洗髪の祭、一気に抜け落ちるのです。解決としては、なんどか束ねなおし、ワックスは根元につけず、パーマヘアは洗髪前に良くとかすことです。

体調管理を振り返ってください。

睡眠栄養などの生活習慣を見直してください。

頭皮は清潔ですか?頭皮を洗うときにこすりすぎていませんか?

すすぎは十分ですか?

濡れたまま寝ていませんか?

トリートメントなど地肌に残していませんか?

そして、合成界面活性剤を使っていませんか?

これは乾燥を促し、蓄積し、皮膚の弾力を失い発毛の妨げになります。

もし使っているとしても、きちんとすすげていますか?

これらがきちんと出来ていてなおかつ、円形脱毛や脱毛が起こるならば、身体的な病気が疑われます。

一度死んでしまった毛根はなかなか元には戻りません。さっそく日頃から正しい髪や頭皮のケアをはじめましょう。

万が一、円形脱毛症になっても、発見時には殆どのケースで、産毛が生えています。

気にしないのが一番!と気やすく言うようですが、重篤な場合はどんどん広がりますので、良く観察してください。ただし、あまり気にせずに。