おいしい紅茶のいれ方

紅茶の世界四大銘茶


image001

 

世界中で生産されている紅茶の種類は、数えきれないほどたくさんあります。

 今回は、味や香味の良さが世界的に認められた紅茶の世界三大銘茶「ダージリン(インド紅茶)・ウバ(セイロン紅茶)・キーマン(中国紅茶)」に、インドのアッサムを加えた世界四大銘茶をご紹介します。

 

image002

 

インド紅茶

ダージリン(Darjeeling

 ヒマラヤ山脈東部、標高500~1800㍍の急斜面で生産されている銘茶です。

ブータンとネパールに挟まれた東ヒマラヤ連峰の霊峰カンチェンジュンガの入り口の町で、避暑地としても有名です。

高地の昼と夜の激しい温度差と日中絶え間なく茶園を覆って流れる山霧が、他の産地に製造することのできない個性的な紅茶を作り出します。

 紅茶の色は薄いセピア色で、さわやかな香り(マスカット・フレーバー)があり、「紅茶のシャンパン」と呼ばれています。生産されるシーズンにより味も香りも大きく違ってきます。

 ファーストフラッシュ(一番摘み)3~4月

茶葉の外観は、浅緑で、紅茶の色はオレンジ系の淡い色です。新鮮で若々しい香りがあります。

この時期の収穫量は少なく、高値で取引されます。

 セカンドフラッシュ(二番摘み)5~6月

葉がしっかりとしてくるので、味・コク・香りとともに最も充実した最良品となります。

紅茶の色はファーストフラッシュよりやや濃い色になります。

 オータムナル(秋摘み)9~10月

雨季のあとの乾燥期に収穫するので、茶葉も厚くなりコクや渋味が加わります。

紅茶の色は、やや赤みのかかったオレンジ色です。

 

ダージリンは、独特な香味を楽しむためにストレートかミルクティーでお飲みください。レモンをいれたレモンティーは、ダージリン紅茶の特徴であるフルーティーなフレーバーがレモンの香味と衝突するので、おすすめできません。

 

セイロン紅茶

 

ウバ(Uva

 インドの南東に位置する熱帯の島セイロン島は、1972年にイギリスから独立して「スリランカ」と国名が変わりましたが、この国の重要な輸出商品である紅茶は、国際的に「セイロン紅茶」の名称が使われています。

 

ウバは、島の東南側にあり、標高約1200m以上の高地で生産される銘茶です。

南西モンスーンがもたらす乾燥期の終わりの8月から9月に、特徴的な香りがある良質な茶ができるといわれています。

 

このクオリティーシーズンに生産された最良のお茶は、刺激的で快い渋みとコクがあり、強いメンソール系の刺激的な香り(ウバ・フレーバー)が特徴で、紅茶の色は、明るくて澄んだ赤みの強いオレンジ色です。

 

ストレートティーは、もちろん素晴らしい味ですが、ミルクをいれると刺激的な渋味がまろやかな味に変わり、独特なメンソールの香りとともに、とても美味しい紅茶になります。

 

中国紅茶

キーマン(キームン・キーモン)

 紅茶発祥の地である中国の代表的な銘茶です。中国大陸上海の西に位置する安徽省(あんきしょう)の西南部に連なる祁(きー)門(もん)で生産される紅茶で、ていねいに時間と手間をかけて作られています。

 

例年4月から5月に手摘みされた春茶は、全17の製茶工程を経て8月に出来上がり出荷されます。最高品は貴重で、煙を含んだようなスモーキーフレーバーの中に、ランとリンゴが混ざったような甘い芳香があり、この東洋的な風味が古くからイギリス人に珍重されています。

 

紅茶の色は、明るく透明感のある紅色で、渋みが少なく、柔らかな口当たりの紅茶です。

スモーキーな中にも特有な香味があり、ストレートティーとして好まれています。

 

 インド紅茶

アッサム(Assam

 

インドの北東部で、大河ブラマプトラ河流域に広がる標高50~500mの肥沃な土壌の産地です。

大河のもたらす肥沃な土壌と、モンスーンによる降雨量など、茶栽培に最適な気候条件に恵まれています。

 

アッサム種と呼ばれる茶葉は、葉が大きく成長も早いので収穫量が豊富です。

収穫時期は、3月から12月で、現在インドの茶の生産量の約半分を占めています。

生産量の90%が、CTC製法で生産されていますが、クオリティーシーズンには、オーソドックス製法によるリーフタイプも作られています。

 

甘く芳醇な香りは「モルティーフレーバー」と呼ばれ、紅茶の色は濃い赤褐色です。

もとろんストレートで美味しい紅茶ですが、ミルクを入れて飲むと深みのあるまろやかなコクがいっそうひきたって美味しくなります。

 

この他にも世界で生産されている紅茶はたくさんあります。

以下は、世界四大銘茶(ダージリン・ウバ・キーマン・アッサム)とともに紅茶専門店でよくみかける紅茶です。

これらの紅茶は、すべて香りや味がそれぞれ違いますので、その中から自分好みの紅茶を探してみてください。

 

インド紅茶   ニルギリ・シッキム

セイロン紅茶  ディンブラ・ヌワラエリア・キャンディ・ルフナ

アフリカ紅茶  ケニア

中国紅茶    正山小種(ラプサンスーチョン)・雲南紅茶

インドネシア紅茶 ジャワ