おいしい紅茶のいれ方

おいしい紅茶はどうやって入れるの?


image1

 

紅茶のインストラクターをしていますと「毎日紅茶を飲んでいますが、紅茶専門店のように美味しくありません。どうしたらおいしい紅茶を入れられますか?」とよく聞かれます。

 

美味しい紅茶とは、以下のような条件がそろったものです。

  • ①カップに注いだとき透明感のある色
  • ②ふくよかな香り
  • ③爽快感がある渋味
  • ④コクがある
  • ⑤喉ごしがいい

 

このような条件を満たした美味しい紅茶を入れる方法は、決して難しいものではありません。

英国式のもっともポピュラーで正統的な入れ方の「ゴールデンルール」に基づいた方法で入れれば、ご自宅にある今まで飲んでいた紅茶が、紅茶専門店の味に変わります。

 

まず、ポットを準備して、あらかじめ温めておいてください。

 

紅茶はお湯の温度がとても大切で、冷たい器にお湯を注ぐとそれだけで温度が約5℃も下がってしまいます。そのポットを温めたお湯を捨て、人数分の茶葉を入れて素早く熱湯を注ぎ、大きい茶葉(7~11mm)なら3分以上、細かい茶葉(2~3mm)でも2分半~3分は蒸らしてください。

 

また、茶葉は、正確にティースプーンで量ってください。

ティーカップ一杯分(約150cc)の茶葉の分量は、大きい茶葉は、ティースプーン大山一杯(およそ3g)、細かい茶葉ならティースプーン中山一杯(2.5g~3g)です。

 

美味しい紅茶を入れる一番重要なポイントは、熱湯を使うことです。

 

紅茶を入れる時の理想的な熱湯とは、新鮮な水を強火で沸かし、やかんの中で五円玉くらいの泡がグラグラと踊っている空気をたくさん含んだお湯のことです。

そのような理想的な熱湯を注ぎますと、半分以上が上に浮かんで、残りは下に沈みます。しばらくすると、紅茶の葉が上へ行ったり、下へ行ったりして対流をしはじめます。これをジャンピングといいます。

 

ジャンピングがうまく起きれば、満足のいく味や香りを楽しむことができます。

このジャンピングは、お湯の対流によって起こるので、お湯の温度が大切な役割を果たすわけです。

 

紅茶には、酸素がたっぷりと含まれるように勢いよく出した水道水をお使いください。

もしカルキ臭が気になる場合は、しばらく煮立たせれば臭いは抜けますが、そのようにすると酸素も失われてしまいますので、浄水器の利用をおすすめいたします。また、電気ポットの場合は、新鮮な水をコップ一杯くらい入れて再沸騰させてください。ペットボトルの水を使う場合は、水道水などの空気の入った新鮮な水を半分くらい入れて使ってください。

 

沸騰直後の酸素が十分に含まれている勢いの良い熱湯を使うだけで、今まで飲んでいた紅茶の味がプロの味に変わります。

 

リーフティー(缶入りや袋入り)やティーバッグ、どんな紅茶でも同じです。

もしティーポットがない場合でも日本茶の急須で代用できます。

 

では、もう一度英国式ゴールデンルールの4つのポイントを押さえておきます。この4つのポイントさえ押さえていただければ、どなたでも簡単に美味しい紅茶がいれられます。ぜひお試しください。

 

英国式ゴールデンルールのポイント

 

  • ティーポットを用意し、温めておく。
    (鉄瓶以外の陶磁器製、ガラス製、ホーロー製、急須など)
  • 茶葉の分量を正確にティースプーンで量る。
    ティーカップ一杯分(約150cc)
    大きい茶葉(7~11mm)ティースプーン大山一杯(約3g)
    細かい茶葉(2~3mm)ティースプーン中山一杯(約2.5~3g)
  • 沸騰直後の勢いのよい熱湯を使う
  • 砂時計やタイマーなどを使って、時間を正確に計り、十分蒸らすこと
    (大きい茶葉(7~11mm)3分以上・細かい茶葉(2~3mm)2分半~3分)