コーヒー講座

美味しいCoffeeが飲みたい! コーヒー講座Vol. 1


image001

 

最近、雑誌やTVなどでCoffee特集が多く取り上げられ、自宅でも美味しいCoffeeを飲みたいという方が増えています。そこで、今回は自宅で美味しいCoffeeを飲むために、知っておきたいポイントをご紹介したいと思います。

 

《自宅で美味しいCoffeeを飲むための基本》

●Coffee豆の管理

Coffeeは豆のまま購入し保存するのがbest。

挽いてしまうと空気に触れて酸化する速度が激しくなる為、1時間しないうちに変化し、Coffeeの楽しみのひとつでもあるフレーバー(香り)が飛び、風味も劣化していきます。玉ねぎなどと同じで、みじん切りにすると日持ちがしなくなるのと同じです。酸化を防ぎ、フレーバーを楽しみながらCoffeeを淹れるためには豆のまま購入し、淹れる直前に挽く事が大切です。

 

●保存方法

冷蔵庫や冷凍庫での保存が良いとよく言われますが、実は冷蔵庫や冷凍庫での保存には注意点がいくつかあり、管理が難しくなります。

1)食材からの匂い移り

Coffee豆は脱臭効果があると聞いたことはないでしょうか? Coffee豆は匂いが移りやすいのですだからといって密封瓶に入れ保管しても、瓶の周囲に匂い成分が付着してしまいます.食材もまったく入っていない冷蔵庫や冷凍庫ならばいいのですが、それは、なかなか難しいですよね。

2)温度差

夏場は冷蔵庫や冷凍庫から出すと結露し、その水分がCoffee豆に付着し酸化等の原因になります。一番良いのは常温で購入した袋のまま1ヶ月以内に飲みきる事です。

3)賞味期限より焙煎日

スーパー等でCoffee豆を購入した際、賞味期限が書いてあります。製造から1年が販売期間となるのが通常ですので、賞味期限から1年前が焙煎日だと思っていただいいても良いかと思います。最近のこだわりあるお店は、焙煎日を記入している所が多くなりました僕も必ず焙煎日を気にしてください。焙煎日から2週間以内のCoffee豆を購入しましょう。

4)Coffeeの飲み頃

焙煎したてだから美味しいとよく言われますが、焙煎直後から2、3日は焙煎臭と言ってスーモークした匂い成分が多く残っています。テイストもシャープ(尖った感じ)でバランスも整っていないため、最低でも2、3日はエージング(豆を寝かせて味を整える事)させましょう。焙煎後1週間目位が飲み頃のピークです。

 

image002

 

GLITCH COFFEE & ROASTERS

http://www.glitchcoffee.com/

    東京都 千代田区神田錦町3-16