BeStyleブログ

石けんで髪を洗う方法


石けんでの髪の洗い方

 

シャンプーをやめて石けんで髪を洗うことで、地肌のトラブルや髪質の改善、環境問題などお話してきました。

泡切れがよくすすぎが楽なこと、いつまでもぬるつきが残らないなど、従来のシャンプー剤とは違って考え方や方法が変わってきます。

石けん洗いは、まず余分な汚れだけを取る、けい皮しないことで必要な皮脂は取り過ぎない。

従来のリンスなども必要なく、酸性の溶液(酸性リンスやお酢、レモン汁)で石けんカスとなった汚れとアルカリをとり、キューティクルを引き締めるという工程です。

 

57376d6f97ecc657d8c8f104a4815aaa_s 

 

洗う前から乾かすまでの流れを順にご説明してゆきます。

 

 1・ブラッシングやマッサージ

頭皮の血行をよくすることで、汚れがはがれ毛穴に詰まった老廃物を浮かしやすくします。

毛先のからみなどをとることで、スムーズに洗い流しができるようになります。

からんでいる状態で濡らし引っ張ることは、ダメージの元、濡れている状態は髪がゴムのように伸びやすくキューティクルが開き脱脂乾燥の元になります。

 

2・お風呂に入ってすぐに髪を濡らします。

湯に浸かったりしている間に、しっかりとふやかし汚れや余分な皮脂を浮きやすくします。

 

3・洗い始める前に、しっかりとプレーンリンス(湯シャン)しましょう。

これだけでもほとんど汚れは落ちてしまいます。

シャンプーするように指の腹で頭皮をマッサージするようにたっぷりのお湯を含ませ皮脂や汚れを落とします。

 

4・襟足から直接石けんを地肌にこすりつけるように泡立てます。

その際少しずつシャワーでお湯をかけたり、コップのような容器に湯を入れかけ足すとよく泡立ちます。

襟足、耳後ろ、後頭部、側頭部、頭頂部、前頭部と下から洗っていきます。

地肌だけ泡立てば、毛先の汚れは流すときに落ちる泡で取れますので、毛先では泡立てないようにします。こすり合わせなどはしないでください。

流れ落ちる泡で、顔、首や体も手でそのまま洗います。

顔を正面よりやや上向きで洗う方が、急ぐことなく、目にも入らず楽にしっかり洗えます。 

うつむきで洗うとロングの髪の場合はからみやすくなるので、流すときも同様にやや上向きですすぎます。

 

5・頭頂部から上から下にシャワーを流します。

毛流に逆らわず地肌もシャワーヘッドを直に地肌につけて流します。

泡切れが良いので、従来のシャンプーを流す時間の半分くらいで十分です。

従来のシャンプー剤はヌメリがなかなか取れず、残留分が乾燥を進めたりかゆみが消えなかったりはシャンプー剤が残っていたためでした。

それらを完全に落としきるには最低でも5分以上流さないと取れません。実際には1分ほどで済ませていると思います。

石けんで洗った場合は泡が切れればすすぎは完了です。

 

6・酸性リンスをします。

石けんかすはアルカリです、ほおっておくと乾燥の原因になりますので必ず行い酸性リンスで中和し、お肌を弱酸性の状態に戻します。

弱酸性とうたっている商品では、アルカリは中和できません。

洗面器にいっぱいのお湯に、クエン酸などで作っておいた酸性の溶液、またはお酢をおちょこ一杯分混ぜ入れたものを、全身ざぶんとかぶります。

後は軽くすすぐだけです。

最初の1週間は、いままで毛先などにこびりついた合成界面活性剤やシリコンなどをはがし取るために、石けんががっちり包み込み、石けんカスとなって付着します。

ロングヘアの場合ですと毛先は何年も蓄積されている為に落ち切るまでに時間がかかります。

毛先のべたつきやゴワゴワ感が取れてきますので、べたついている間は髪を結ぶなどしてください。

取りきったあとはサラサラになってきます。

その時点で毛先の乾燥などが気になる場合は、従来のトリートメント剤をほんの少し(今迄の5分の1位)手に取り伸ばし、毛先に軽くつけ、ヌメリがなくなるまでしっかりと流します。

 

7・タオルドライはこすり拭きせずに毛先をトントンと叩くようにします。

お肌も同様にこすり拭きは禁物です、必要な皮脂までとりすぎてしまうからです。

バスタオルなどが臭う原因にもなります。

 

8・お風呂上りは、髪の毛先からぽたぽたと雫が落ちます。

キューティクルが引き締まり、水をはじいているためです。

脱脂していない証拠です。落ちる雫をしっかりとタオルドライしたら、ドライヤーで根元を中心に乾かしましょう。

濡れたままにしておくのは、髪へのダメージはもとより、地肌もふやけたままにしておくのは雑菌の繁殖や毛穴が引き締まらず、痒みの原因になります。

キューティクルが引き締まり水をはじく髪になっているので、乾くのも早く、艶も出て、スタイリングがとても楽になります。

 

 体験者の方々からのお声です。

・加齢臭が消えた

・洗っているときのかゆみがないから、がりがりしないので頭皮湿疹ができなくなった

・顔周りや襟足のニキビ吹き出物ができなくなった

・すすぎや乾くのが早く、髪を洗うのが苦痛だったのが解消された

・毎日洗わなくても地肌が臭くないし、皮脂臭くなくなった

・髪につやが出て、くせ毛がおさまりやすくなった

・フケやかゆみに悩んで色々なシャンプーを試したが石けんで治まるなんて驚き

・冬場でもすぐ髪が乾くので寒くない

・基礎化粧品を使わなくても肌が乾燥しなくなった

・足すねのかさかさやひざのざらざらもなくなった

・足が臭くなくなったetc

 

私自身は下着も石けんで洗っています。

直接肌にぴたりと接する下着類、すすぎきれない洗剤が汗や体温で戻ってきて、時にゴム部分など痒くなっていました。

髪を洗ったときの泡を下着につけて軽くこするだけ、すすぎも簡単です。

酸性リンスを残して下着に浸せば、柔軟仕上げ剤のような布を柔らかくする効果があります。

酸性リンスのお陰でお風呂のカビも生えにくくなり、お掃除も楽になりました。

一般的に売られている石けんでもよいので、是非やってみてください。

その際、商品の裏書きをよく見て、聞きなれないような薬品などは、インターネットで調べるといくらでも出てきますので、ご自身で確認してみてください。

自身が納得し、少しでも合成界面活性剤を減らし、環境の為にも少しでも減らしていくことが未来につながることと思います。

 

シャンプーやめてみた

酸性リンスのススメ

合成界面活性座について考えた

こちらも合わせてお読みください。