アラフィフにおすすめのプチプラコスメ


 

朝はお弁当作りなどであわただしいのですが、アラフィフになる前からずっとたとえごみ出しだけでもノーメイクでは行かないようにしています。そんな忙しい朝に便利なのがBBクリームです。

 

BBクリームというのは、乳液や化粧下地、美容液、UVクリームなどが一緒になっており、薄い肌色であることが多いので、洗顔後、化粧水を塗って次にこのBBクリームを塗ればすぐにポイントメイクに入れるという優れものです。有名なブランドものや色々なメーカーのものを使いましたが、最近、秋冬はこのクリームを使っています。

 

通常、明るい肌色、自然な肌色などの色味がそろっているBBクリームですが、比較的色白な私にはナチュラル過ぎて逆に顔色がくすんで見えることが多いのです。

 

今気に入ってもう何本目になるかというほどリピート買いをしているものは、薄いパールが入っていて、顔色も明るく補正してくれる上にほのかにきらきらとして、これを使い始めてから知り合いなどに、「肌が白いね」、「顔色が生き生きしてるね」などと言われるようになりました。

 

そんな便利なこのクリーム、実はドラッグストアで約1000円で購入したいわゆるプチプラ (お安い、つまりお得というようなニュアンスらしいです)コスメなのです。

春から夏にかけては、このクリームは汗で崩れてしまうことも多い事と、このクリームの上にパウダーなどを重ねてしまうとせっかくのパールが消えてしまうので、お化粧崩れが気になる湿度や温度の高い時期には、化粧崩れに強く、UVカットもしっかりとしている夏用のものを使っています。

 

乾燥が気になる季節になると、このBBクリームだけを使い、さらに冬になると乳液を少し混ぜて使うなどするととてもしっとりとして私の肌に合います。

 

DSC_0608左がそのクリームです。右はこれもプチプラのパウダーファンデーション

 

化粧水やクレンジングなどの基礎化粧品は少し高めのブランド品を使用していますが、ポイントメイクには積極的にプチプラのメイク用品を取り入れています。

 

私がお気に入りのプチプラコスメはこれだけではありません。

もう何本リピート買いしたかわからないアイブロウは100均のものです。

 

はじめは出先で眉を直そうとしたところ、化粧ポーチに入れて来るのを忘れていたので、その日だけ間に合わせのものをと100均で買いました。

これがなかなか使い勝手がよく、他にブランド品の物も使ってはいますが、この商品は何度も買っています。

 ブラウンの色目が私の眉の色に合うことと、柔らかな芯が描きやすくて重宝しています。

 

 また、いつもきれいにしていて、特に肌のきめ細やかさをうらやましく思っていたご近所の方に何を使っているのかお聞きしたところ、なんとプチプラコスメで1000円以内でした。(上の写真、右側の物です。)

小さくて軽いので外出するときのお化粧直しにも便利だそうです。

 

もう一つお勧めはCANDOのアイシャドウです。

CANDOはマニキュアもよく使っているのですが、このアイシャドウは発色も良くて、私の肌色に合うので気に入っています。

 

私はこの色を買いましたが他にあった色のセットもよさそうでした。

 

DSC_0610
左)アイシャドウ 右)アイブロウ

 

ベースに左上の白をうっすらと塗ると次の色がきれいに出ます。

夏場は左下のエメラルドグリーンを二重に重ね、冬場は右上のピンクを使うことが多く、右下の濃いブラウンは目の際にアイラインのように使っています。

中央のシルバーは差し色に使っています。

 

さらに最近ヘビロテしている便利なプチプラは、つけまつげです。

100均一で様々なバリエーションのものが見つかります。

 

ただ私の場合、つけまつげをつける時の接着剤であるグルーは100均ではなく、ドラッグストアで買っています。

 

これはあまり安いものだとかぶれたりするのではないかと少し成分が不安なので、つけまつげのみ、100均でたくさん購入して使っています。

 

全体につけるものや、目尻にだけつけられるものなど、100均だと気軽にチャレンジ出来るので、これは特にお勧めです。

 

基礎化粧品や、もちのいい口紅などは多少値が張ってもブランドの少しいいものを購入し、アイシャドウやマニキュアなどの普段使いで楽しむものやその年の流行を楽しむ時は、プチプラでチェックするなどして使い分けています。

 

しかし、注意点は先ほどのBBクリームもそうですが、アラフィフになるとあまりパールがきついものは浮いて見えることと、やりすぎると下品になるので控え目に、ほのかに光る程度のものを選ぶのがおすすめです。

 

皆さんもお出かけのついでに、ぜひ一度プチプラのお店をのぞいてみてくださいね。

 

高価なブランドのものを買わなくても代用出来たり、普段使いに便利なものなどが見つかるかもしれませんよ。